【新日本】NEVER無差別級6人タッグ 真壁・矢野・田口組がV2

2019年04月23日 16時30分

真壁は試合終了後もダブルラリアートでタマ(右)とタンガ(左)を吹っ飛ばした

 新日本プロレス22日、の東京・後楽園ホール大会で、NEVER無差別級6人タッグ選手権は王者の真壁刀義(46)、矢野通(40)、田口隆祐(40)組がタマ・トンガ(36)、タンガ・ロア(35)、ヒクレオ(28)組を下し、2度目の防衛に成功した。

 真壁がヒクレオにキングコングニーを決めて快勝。29日の熊本大会では矢野とのコンビでタマ、タンガ組の持つIWGPタッグ王座に挑戦する。2冠取りに弾みをつけ「テメーら首洗って待ってろ、それだけだ」と勝ち誇った。

関連タグ: