【新日本】オカダがMS・Gで至宝奪回「日本のプロレスの力」見せつける

2019年04月08日 00時00分

ジェイ・ホワイト(左)を撃破したオカダ・カズチカ

 新日本プロレス6日(日本時間7日)の米国・ニューヨーク州マジソンスクエア・ガーデン大会で行われたIWGPヘビー級選手権は、挑戦者オカダ・カズチカ(31)が王者ジェイ・ホワイト(26)を撃破し、第69代王者に輝いた。

 日本のプロレス団体が初めて大会開催にこぎつけた“格闘技の殿堂”MS・Gには、1万6534人の観衆が詰め掛けた。メインイベントのIWGP戦に姿を現したレインメーカーは、耳をつんざく「オカダ」コールで出迎えられた。

 トーナメント「NEW JAPAN CUP」を制し、ひのき舞台にたどり着いたオカダは、現在シングル戦2連敗中の天敵ジェイと激突。相手の攻撃をすかし、緩急を自在に操る王者独特のペースに苦戦を強いられた。25分過ぎにはローリング式から正調へとつなぐレインメーカー2連発を決めるも、なんとカウント2で返されてしまう。逆に王者必殺のブレイドランナーを浴び、試合を振り出しに戻された。

 金的攻撃を受けて窮地に陥ったオカダだったが、打点の高さは世界トップレベルのドロップキックで再び猛攻に出る。なおもレインメーカーをブレイドランナーで切り返そうとする底力を見せた王者を持ち上げると、旋回式ツームストーンパイルドライバーを発射。最後は渾身のレインメーカーを完璧に決め、昨年6月以来、約10か月ぶりに至宝を取り戻した。

 ジャイアント馬場やアントニオ猪木といった偉大な先人たちも名勝負を繰り広げてきた会場で新たな歴史を刻んだ。「入場して見た景色はすごかった。あの景色を見られるのができるのは、本当に限られた人間。最高の思い出ができましたし、これで終わりじゃなく、また戻ってきたい。最高でした」と振り返った。

 大会翌日の7日(日本時間8日)には世界最大団体WWEが祭典「レッスルマニア35」(ニュージャージー州イーストラザフォード)を開催する。WMウイークに世界中のプロレスファンが集まったニューヨークで熱狂を生み出したオカダは「日本のプロレスの力っていうのを見せることができたと思いますし、胸を張って日本に帰りたい。今週いろいろなプロレスの大会があると思いますけど、新日本プロレスを超えることができるのなら超えてみなさい」と豪語。盛況のうちに幕を閉じたMS・G決戦は、日本のプロレス界にとって間違いなく大きな一歩となった。