【新日本】NJC覇者オカダ MS・G決戦へ意気込み「世界中をビックリさせたい」

2019年03月25日 17時09分

NJC覇者オカダは優勝トロフィーを前にポーズを決めた

 新日本プロレス「NEW JAPAN CUP」を制したオカダ・カズチカ(31)が25日、優勝一夜明け会見に出席し、IWGPヘビー級王者ジェイ・ホワイト(26)に挑戦する米ニューヨーク州マジソンスクエア・ガーデン大会(現地時間4月6日)への意気込みを語った。

 記念すべき新日プロMS・G初進出大会のメインイベントでのIWGP挑戦権を、自力で獲得したオカダは「やっぱり新日本プロレスの戦いを見せたい。MS・Gに来たお客さんに、この1週間(レッスルマニアウイーク)の一番の思い出は新日本プロレスを見たことだな、と思ってもらえるような戦いを見せることしか考えていない」と腕をぶした。

 ジェイには昨夏のG1公式戦、今年の1・4東京ドーム大会と2連敗中だが「僕にはNJCを勝った勢いが必ずあると思うので。胸を張ってNJC覇者としてIWGP王者の真正面に立ってベルトをしっかり取りたい」と雪辱を誓った。

 世界的に知名度の高い〝格闘技の殿堂〟MS・Gでの大会は、国内外で注目度が高い。「日本にとって意味のあること。日本のエンターテインメントというか、日本のものがMS・Gでドンとやる。それこそ、プロレスってそんなパワーがあるものなんだなと思ってもらえるし、失敗できない。世界中をビックリさせたいですね、日本のプロレスで」と壮大な野望を明かし、IWGP返り咲きへ闘志を燃やした。