【新日本】4・6MS・G大会全カード発表 IC王者・内藤VS飯伏正式決定

2019年03月25日 15時35分

 新日本プロレスは25日、米ニューヨーク州マジソンスクエア・ガーデン大会(現地時間4月6日)の全カードを発表した。

 記念すべき新日本プロレスMS・G初進出のメインイベントは、IWGPヘビー級王者ジェイ・ホワイト(26)と「NEW JAPAN CUP」覇者オカダ・カズチカ(31)の頂上決戦。ジェイにとってはこれがV1戦、オカダにとっては1・4東京ドーム大会の雪辱戦となる。

 またダブルメインイベントとして、ROH世界選手権3WAYラダーマッチ、王者ジェイ・リーサルVS挑戦者マット・テイヴェンVS挑戦者マーティー・スカルが行われる。

 IWGPインターコンチネンタル王者・内藤哲也(36)は飯伏幸太(36)とのV2戦が正式決定。棚橋弘至(42)はブリティッシュヘビー級王者ザック・セイバーJr.(31)への挑戦が決まった。

 さらにNEVER無差別級王者ウィル・オスプレイ(25)がROH世界TV王者ジェフ・コブ(36)とダブルタイトル戦を、スターダム所属のWOH世界王者・岩谷麻優(26)がケリー・クレイン(33)と防衛戦を行うことも発表された。

 MS・G大会は全10試合中8試合がタイトル戦の豪華ラインアップが出揃った。