【新日本】棚橋がMS・Gでザックと再戦へ

2019年03月25日 16時30分

ザックはベルトを誇示して棚橋(下)をあざ笑った

<新日本プロレス=新潟・アオーレ長岡(24日)>23日の「NEW JAPAN CUP(NJC)」準決勝でSANADAに敗れた棚橋弘至(42)はMS・Gで、ブリティッシュヘビー級王者ザック・セイバーJr.(31)との対戦が急浮上した。

 21日の準々決勝でザックを撃破した棚橋は、この日はタッグ戦で激突。フロントネックロックをツイスト&シャウトで切り返すなど、敗退のショックを感じさせない動きを見せた。激しく挑発を繰り返すザックは「エースの時代はもう終わり。棚橋、お前もMS・Gのメインに出られないようだな。MS・Gでやってやる」と予告。棚橋も「ザックが怒ってるって? 身に覚えがないな。負けた自分に怒ってるんじゃないのかな。いいよ。その怒り、俺が鎮火させてやるよ」と受けて立つ構えを見せた。