【新日本】オカダ・カズチカがNJC6年ぶりV 柴田勝頼のエールに涙

2019年03月25日 00時00分

柴田(右)と握手するオカダ

 新日本プロレス24日の長岡大会で「NEW JAPAN CUP」決勝戦が行われ、オカダ・カズチカ(31)がSANADA(31)を破り6年ぶり2度目の優勝。4・6マジソンスクエア・ガーデン大会で、IWGPヘビー級王者ジェイ・ホワイト(26)に挑戦することが決定した。

 史上最多32選手がエントリーしたトーナメントの頂点を決める一戦は、30分を超える大激闘となった。Skull End(変型飛龍裸絞め)で長時間、捕らえられてしまったオカダだが、ラウンディングボディープレスだけは決めさせない。

 その後も目まぐるしく攻守が入れ替わるハイレベルな攻防が続く。オカダは旋回式ツームストーンパイルドライバーからのレインメーカーを阻止されながらも、SANADAが不知火の要領で狙ったドラゴンスリーパーを防いでローリング式のレインメーカーを発射。渾身の力を込めた一撃で、ついに3カウントを奪った。

 試合後のリング上でオカダは「今日の長岡のSANADAコール聞いたでしょ。約束、アメリカから帰ってきたら、まずもう一回、SANADAさんとやるよ。というわけで、MS・Gでジェイ・ホワイトの野郎をぶっ飛ばしてきます!」と豪語。姿を現したジェイと外道の挑発も意に介さず「ひとつだけ言ってやる。俺とお前じゃな、レベルが違うんだよ、この野郎! MS・Gに行ってきます。そして、オカダ・カズチカ、IWGP王者になって帰ってきます! その時はアメリカに、新日本プロレス、世界に、ここ長岡に、カネの雨が降るぞ!」と高らかに宣言した。

 さらに退場時には、この日の中継でゲスト解説を務めた柴田勝頼と言葉を交わした。2年前に同会場でNJC制覇を果たした柴田は、同4月の両国大会のオカダとのIWGP戦後に硬膜下血腫で緊急手術を受け、現在も欠場中だ。コメントブースで柴田とのやりとりを質問されたオカダは、長い沈黙の末に「こういう形で再会になりましたけど『勝てよ』と言ってくれたんで。しっかり、柴田さんにも送り出してもらえたんでね」と、珍しく涙を流すひと幕もあった。

 その柴田は「MS・Gに行く理由ができた。見届けたいね。(オカダは)俺の(ケガの)こと気にしなくていい。泣くな、と。生きてるしね」とコメント。初めて解説を務めた試合で、オカダがNJC制覇を果たした巡り合わせについて「すごくドラマチックだと思う。オカダにとっても、俺にとってもあの一戦はすごくデカかったなと思います。あの試合を経てオカダって強くなったな。闘魂が宿ってる」と振り返り、エールを送った。

 多くの思いを背負いMS・Gに乗り込むレインメーカー。いざ、ニューヨークで決戦だ。