【新日本】NEVER王座V1 オスプレイがジェイにシングル戦要求

2019年02月23日 16時30分

オスプレイはジェイとの決戦を要求した

 新日本プロレスと米国・ROHとの合同興行として行われた22日の後楽園大会で、NEVER無差別級王者のウィル・オスプレイ(25)はダルトン・キャッスル(32)の挑戦を退けて初防衛に成功した。

 挑戦者のパワーファイトに苦戦を強いられながらも、その場飛びスパニッシュフライ、リバースフランケンシュタイナーと難易度の高い技を次々と決めて逆転に成功する。最後は後頭部にバックエルボーを叩き込んでからストームブレイカーで3カウントを奪った。

 オスプレイは「自分自身を証明できた。俺はジュニアでもヘビーでも戦えるんだ」と豪語。次なる狙いは、IWGPヘビー級王者ジェイとのシングル戦だ。「彼は俺の恐ろしさを知らないんじゃないかな。お前を砕いて、破壊してやる。そしてバレットクラブは崩壊する運命なんだ」と、3月6日東京・大田区総合体育館大会での王者決戦を要求した。