【新日本】エルガン 左ヒザ負傷で1・4ドーム欠場、代役は永田

2018年12月21日 18時38分

 新日本プロレスは来年1月4日東京ドーム大会に出場予定だったマイケル・エルガン(32)が左ヒザ負傷のため欠場することを21日に発表した。

 エルガンは同大会第0試合の「NEVER無差別級6人タッグ王座(現王者はタマ・トンガ、タンガ・ロア、石森太二組)ナンバーワン・コンテンダー・ガントレットマッチ」に出場予定だった。だが負傷した左ヒザの手術を受けることになったため無念の欠場。エルガンに代わり、ミスターこと永田裕志がジェフ・コブ、デビッド・フィンレーとのトリオを組んで5チーム参加の次期挑戦者決定戦に出場する。