【新日本】1・4東京ドーム全カード決定 飯伏vsオスプレイは第1試合

2018年12月10日 15時53分

 新日本プロレスは10日、来年1月4日の東京ドーム大会の全対戦カードを発表した。

 前日(9日)の岩手大会で「ワールドタッグリーグ」2連覇を達成したEVIL、SANADA組はIWGPタッグ王者のタマ・トンガ、タンガ・ロア組への挑戦が正式決定。もう1組の挑戦者として前王者のマット・ジャクソン、ニック・ジャクソン組を加えた3WAY形式の王座戦となる。

 また、岩手大会でNEVER無差別級王者に輝いた飯伏幸太はウィル・オスプレイとのV1戦が決まった。海外からも大きな注目が集まる世界屈指のハイフライヤー対決は、年間最大興行のオープニングマッチ(第1試合)で開催される。

 全カードは以下の通り

①NEVER無差別級選手権=王者・飯伏幸太対挑戦者・ウィル・オスプレイ
②IWGPジュニアタッグ選手権3WAYマッチ=王者・金丸義信、エル・デスペラード組対挑戦者・YOH、SHO組VS挑戦者・BUSHI、鷹木信悟組
③ブリティッシュヘビー級選手権=王者・石井智宏対挑戦者・ザック・セイバーJr.
④IWGPタッグ選手権3WAYマッチ=王者・タマ・トンガ、タンガ・ロア組対挑戦者マット・ジャクソン、ニック・ジャクソン組対挑戦者・EVIL、SANADA
⑤IWGP・USヘビー級選手権=王者・Cody対挑戦者・ジュース・ロビンソン
⑥IWGPジュニアヘビー級選手権=王者・KUSHIDA対挑戦者・石森太二
⑦スペシャルシングルマッチ=オカダ・カズチカ対ジェイ・ホワイト
⑧IWGPインターコンチネンタル選手権=王者・クリス・ジェリコ対挑戦者・内藤哲也
⑨IWGPヘビー級選手権=王者・ケニー・オメガ対挑戦者・棚橋弘至