【新日本】EVIL&SANADAがIWGPタッグ王者組破りリーグ戦連覇

2018年12月10日 00時00分

タマ・トンガ(下)を圧殺したSANADA。右はEVIL

 新日本プロレス「ワールドタッグリーグ」は9日の岩手大会の優勝決定戦を迎え、前年度覇者のEVIL、SANADA(30)組がIWGPタッグ王者のタマ・トンガ、タンガ・ロア(35)組を撃破し2連覇を達成した。

 昨年大会と同じ顔合わせになった「前年度覇者VSタッグ王者」の頂上決戦は、互いに譲らぬ一進一退の攻防が続いた。試合が動いたのは25分過ぎだ。バレットクラブのセコンド・邪道をマジックキラーで排除すると、SANADAがタマをSkull Endで捕獲し勝負に出た。

 救出に入ったタンガには暗黒王が必殺のEVIL(変型大外刈り)を発射。最後はSANADAがラウンディングボディープレスでタマを圧殺し、出場全14チームの頂点に立った。

 連覇を果たした2人は、年間最大興行となる来年1月4日の東京ドーム大会でのベルト挑戦が確実に。だが試合後のリングにはリーグ戦に参加していなかった前タッグ王者のマット・ジャクソン、ニック・ジャクソンの「ヤングバックス(YB)」も登場し、王座返り咲きを狙って挑戦をアピール。今年、YBに2連敗を喫しているEVIL組も「借りは忘れていない。まとめてやってやるよ」と応じたことで、ドーム決戦での3WAY王座戦が急浮上した。