【新日】棚橋がオカダ下し「IWGP挑戦権利証」キープ 1・4東京ドームのメインに前進

2018年09月24日 00時00分

オカダ(手前)を下し防衛に成功した棚橋

 新日本プロレス・神戸ワールド記念ホール大会(23日)で行われた、来年1・4東京ドーム大会のIWGP王座挑戦権利証争奪戦は、G1クライマックス覇者で現保持者の棚橋弘至(41)がオカダ・カズチカ(30)の挑戦を退け“防衛”に成功。自ら指名した最強挑戦者を撃破して、3年ぶりの東京ドーム大会メインに前進した。

 過去6年間の争奪戦でG1覇者が敗北した例は一度もない。オカダにあわや史上初の権利証移動というシーンを何度もつくられながら、30分過ぎに雪崩式ツームストンパイルドライバーを狙ったオカダを張り手で叩き落すと同時にハイフライフローを発射。そのまま怒とうの3連発で勝利を奪った。

 試合後はG1クライマックスで唯一の敗戦を喫したジェイ・ホワイトに襲撃を受け、遺恨が勃発。10月8日の東京・両国国技館大会での争奪戦が決定的となった。

 超ハードスケジュールをこなしての大一番だった。前日(22日)には遠征先の愛媛から一時帰京し、主演映画「パパはわるものチャンピオン」(公開中)の舞台あいさつを3本こなす超強行軍だった。だが、これは棚橋にとってありがたいことだったようだ。

「プロレスが盛り上がって、いっぱい人が来てもらえるようになったけど、まだマイノリティーだって自覚があるんです。もっと広がる可能性を秘めてるってことに、モチベーションがあるんですよ」

 団体の暗黒期と呼ばれた2000年代前半、会場に空席が目立つ時代から現在の人気回復を実現させた立役者だからこそ、多忙な日々に充実感をかみ締めている。

 映画だけではない。30日放送のTBS系人気ドキュメンタリー番組「情熱大陸」に登場することも決定。過去に桜庭和志、高田延彦、小川直也がいずれも格闘家として取り上げられたことがあるが、純粋なプロレスラーとしては棚橋が初の出演となる。「こればっかりは出たいって言って出られるものじゃないですからね。やってきたことが間違いじゃないということを…自分では分かっていても、人に言ってもらえるっていう喜びは大きいですね」と目を輝かせた。

 憧れの番組出演に「いやー、ゴールテープ切ったっすね…」と遠くを見つめながら感慨に浸ったが、もちろんまだまだ完結させる気はない。「プロレスというジャンルの理解度が深まっている証拠かなと。いろいろな人にエネルギーを与えているジャンルなんだっていうのは、少しずつ広まってきた」と今まさに長年の普及活動が実を結んできたことを実感しているところだ。

 そして「僕、毎年『今年はくそ忙しかった』って思うんです。『これ以上ないだろう』というのを12年更新し続けている。そんな幸せな人生はないっす。ケガで苦しんだ年もあったけど、またいい波がきている。どれだけ続くのかは僕の努力次第だと思ってます」とさらなる高みを見据えた。

 現IWGPヘビー級王者ケニー・オメガ(34)が最も「対世界」で戦うレスラーならば、棚橋は誰よりも「対世間」で戦い続けてきたレスラー。“平成最後”の東京ドームのメインイベントがこの男を呼んでいる。