【新日】BUSHIが初白星 王者オスプレイ撃破し「ここから這い上がってやる」

2018年05月27日 00時00分

オスプレイ(下)を撃破し初勝利を挙げたBUSHI

 新日本プロレスは26日、愛知・名古屋大会で「ベスト・オブ・ザ・スーパージュニア」Aブロック公式戦を行い、ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンのBUSHI(34)が、IWGPジュニアヘビー級王者ウィル・オスプレイ(25)を撃破し初勝利を挙げた。

 レフェリーの死角から毒霧を浴びせたBUSHIは、MX(コーナーからのコードブレイカー)をカウンターのハイキックで迎撃されると一転して窮地に陥る。それでも王者必殺のオスカッターをバッククラッカーで切り返して再逆転。カナディアンデストロイヤーから、ついにMXを炸裂させて金星を挙げた。

 試合後は「残念だったなオスプレイ。IWGPジュニア王者であるお前に、俺が勝ったんだ。今日、この会場にいる全員が証人だ。それだけは忘れるな。エンセリオ! マジで」とマイクアピールした。

 この日の試合までは、3年連続となる開幕3連敗で超スロースターターぶりを発揮していた。敗れれば決勝戦(6月4日、東京・後楽園ホール)進出の可能性が断たれる土俵際の一戦で現王者を撃破。首の皮一枚残り「これが俺の第一歩だ。俺は今、3回負けてる。でもここから這い上がってやるよ。見てろよ」と予告した。

 BUSHIが決勝に進むためには、首位タイが4勝3敗で複数人並ぶことが最低条件。その場合は直接対決の結果が問われるため、優勝候補筆頭のオスプレイに勝利した意味は決して小さくない。この日は開幕3連勝を飾っていたタイガーマスクに土がつき、Aブロックは全勝がいない混戦ムード。奇跡の逆転優勝へBUSHIが残り全勝を誓う。