• 文字サイズ

東スポWebトップ > プロレス > プロレス > 【新日本】飯伏 バレットクラブの内紛にウンザリ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【新日本】飯伏 バレットクラブの内紛にウンザリ


内紛にウンザリの飯伏

 新日本プロレス5月3日福岡国際センター大会でCody(32)とのシングル戦に臨む飯伏幸太(35)が25日、バレットクラブ(BC)の内紛問題の早期解決を訴えた。

 BCは今年に入りケニー・オメガ(34)とCodyの対立から内紛が勃発。飯伏が孤立したケニーを救出して「ゴールデン☆ラヴァーズ(GL)」が再結成されると、他のメンバーを巻き込んで長期化の一途をたどっている。

 自らの行動が原因の一つとなった飯伏ではあるが、ここまでのゴタゴタは正直言って想定外だった…。「何で(メンバー同士で)戦わないといけないのかよく分からないというか、早く終わってほしい。興味がないんですよね。あまり関わりたくないです」と目を伏せた。ケニーとヤングバックス(マット&ニック・ジャクソン)の複雑な関係がリング上にまで影響している現状も、目前の試合にだけ集中したい飯伏にとっては望ましくない。

「(リングの)外のものを中に持ち込むのは要らないというか。ストーリーは(自然と)できていくもので、自分はリングの中だけ、試合だけで魅せたい」と困惑を隠し切れない。せっかくGLを復活させたならば、内部抗争よりもタッグ王座戦線など高いステージでの戦いを望むのが、レスラーとしての本能。飯伏の悩みはごくまっとうなものだ。

 シングル戦線でもベルトを強く意識する飯伏は「タッグを組みながらも、まずはシングルで結果を残さないといけないという気持ちがありますし。Codyは1・4(東京ドーム)でやったとき楽しかったし、好きな選手だからただ試合を純粋に楽しみたい。勝っても負けても最後にしたいし、次に進みたい」と、福岡決戦からの再出発を誓った。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!