• 文字サイズ

東スポWebトップ > プロレス > プロレス > 【ノア】GHC王者・杉浦と挑戦者・小峠 調印式で静かに火花

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【ノア】GHC王者・杉浦と挑戦者・小峠 調印式で静かに火花


杉浦貴(左)に挑戦する小峠篤司

 29日のノア・新潟市体育館大会で開催されるGHCヘビー級選手権の公開調印式が17日、都内で行われ、王者・杉浦貴(47)と挑戦者・小峠篤司(32)が静かに火花を散らせた。

 先にマイクを握った小峠が「(ファンの)ブーイングで始まったけど、今となってはおいしいシチュエーションやなと。横にいる男に勝てば、すべてがひっくり返る。メチャメチャ面白い小峠革命を起こすので期待してほしい」とふてぶてしい表情で口にしたが、この日の王者は冷静だった。

「最初はダメ出ししたけど、よく考えたら今年になって3回も3カウントを奪われている。今のノアでそこまで俺から勝てるヤツはいないから、気を引き締めていこうと思う」。いつになく真剣な表情でこう口にした。

 3月11日の横浜大会で4度目の同王座戴冠を成し遂げた直後、頭突きで流血させるという斬新な方法で挑戦表明してきた小峠を当初、格下扱いしていたのは事実だ。実際にファンも小峠にブーイングを浴びせ「王者有利」の空気があった。

 ところが同31日の後楽園大会でキドクラッチで敗れると、15日の札幌大会ではわずか118秒で丸め込まれた。2月16日の新宿大会と合わせ、現在の杉浦がわずか2か月の間に同じ相手に3度負けるのは異例のことだ。

 異常警戒する王者とは対照的に小峠は「時代が戻ったんですから、これは緊急事態ですよ。時代は進めていかなアカン」と最後まで威勢のいい言葉を放ち、いよいよ決戦ムードが高まってきた。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【サマーナイトフェスティバル】五輪4大会連続出場を目指す渡辺一成が初制覇!
後位から自力に転じた渡辺一成が、当大会初制覇を飾った!

【SGオーシャンカップ】毒島誠が3回目のSG制覇!
コンマ13の好スタートを決めた毒島誠が、2コースから豪快なまくりで抜け出して優勝!

2018サッカーW杯ロシア大会
W杯ロシア大会を総力特集。フランスが20年ぶり2度目の優勝!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「日本財団パラリンピックサポートセンター」スペシャルサポーター・香取慎吾の特別インタビュー掲載(前・後編)

アンカツこと安藤勝己元騎手が今年も登場。ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手は2年連続“登板”!

強さと美しさを兼ね備えた女性アスリートに迫る!

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はボートレース若松SG「第23回オーシャンカップ」

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!