• 文字サイズ

東スポWebトップ > プロレス > プロレス > 奥田啓介がIGF退団「はぐれてやる!」とはぐれIGFインターへ

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

奥田啓介がIGF退団「はぐれてやる!」とはぐれIGFインターへ


「はぐれIGFインター」のTシャツを持つ奥田(右)

 複雑すぎる紆余曲折を経て、事実上の「一人IGF」となっていた奥田啓介(26)が20日、ついに退団した。

 奥田はこの日、IGFから派生した中国を拠点とする団体「東方英雄伝」の国内第2弾大会(後楽園ホール)のタッグ戦に出場。かねて予告していた通り、パートナーの定アキラのほか、白覆面2人を投入した。

 試合は奥田組が白覆面を使って林棟軒(21)、常剣鋒(25)の“東方生え抜きコンビ”をじゅうりんする展開に…。奥田組のセコンドについていた青木真也(34)が試合中に「これ、ひどいね」と思わずつぶやくほどの展開だ。試合は終盤になって奥田の攻撃が味方に誤爆したことをきっかけに流れが一変。林棟軒が定をフロッグスプラッシュで沈めた。

 しかし、本当のサプライズが起きたのは試合後だった。青木が突如、自身も所属する「はぐれIGFインター」のTシャツを奥田に手渡し、奥田の腕を上げたのだ。これでスイッチが入ったのか、奥田は「なんでこんなつまらねえ試合をさせられなきゃなんねえんだ!」と絶叫。さらに「何が東方だ。ふざけんな。今日でIGFは退団だ! はぐれてやる! そういうことですよね、青木さん!」と握手を求めた。

 しかし青木は「いや、オレには(はぐれ軍では)なんの権限もないから」とまさかの拒否。奥田は「え…」と凍りついたが、もう後戻りができない状況なので退団となった。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【サマーナイトフェスティバル】五輪4大会連続出場を目指す渡辺一成が初制覇!
後位から自力に転じた渡辺一成が、当大会初制覇を飾った!

【SGオーシャンカップ】毒島誠が3回目のSG制覇!
コンマ13の好スタートを決めた毒島誠が、2コースから豪快なまくりで抜け出して優勝!

2018サッカーW杯ロシア大会
W杯ロシア大会を総力特集。フランスが20年ぶり2度目の優勝!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「日本財団パラリンピックサポートセンター」スペシャルサポーター・香取慎吾の特別インタビュー掲載(前・後編)

アンカツこと安藤勝己元騎手が今年も登場。ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手は2年連続“登板”!

強さと美しさを兼ね備えた女性アスリートに迫る!

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はボートレース若松SG「第23回オーシャンカップ」

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!