• 文字サイズ

東スポWebトップ > プロレス > プロレス > K―1でも計量オーバー ライト級王者の中国選手が700グラムオーバーでパスできず

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

K―1でも計量オーバー ライト級王者の中国選手が700グラムオーバーでパスできず


 新生「K―1」最大のビッグマッチ「K’FESTA.1」(21日、さいたまスーパーアリーナ・メインアリーナ)の公開計量が20日、都内のホテルで行われ、「第4代スーパーフェザー級王座決定トーナメント」に出場する武尊(26)、スーパーバンタム級王者・武居由樹(21)と挑戦者・久保賢司(28)がそれぞれ一発パスした。

 K―1史上初の3階級制覇を目指してトーナメントに出場する武尊は、60キロでクリア。「3月のためにしっかり体づくりもやってきた。過去最高の体をつくれたと実感している。明日のトーナメントで格闘技人生が終わっても構わない。何が何でもベルトを取りにいきたい」と意気込んだ。

 55キロでパスした武居は初防衛戦に向けて「明日の試合を僕が一番楽しみにしてると思います」と笑顔。同じく55キロだった久保から握手を拒否されたが、「試合が終わったら握手してもらえたらいいと思います」と独自の空気感を醸し出した。

 そんな中、卜部功也(27)の挑戦を受ける予定だったライト級王者ウェイ・ルイ(26=中国)が800グラムオーバーの63・3キロで一発パスできず。2時間後に行われた計量も700グラムオーバーだったため、宮田充プロデューサーは「早急に(卜部サイド、ウェイサイドと)協議をして(対応を)発表したい」とした。

 また宮田プロデューサーは来春の「K’FESTA.2」開催も発表した。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【向日町GⅢ平安賞】藤木裕 涙の地元記念初優勝
藤木裕が2013年4月武雄記念以来3回目のGⅢ優勝で、地元記念初制覇を飾った!

【GⅡ共同通信社杯】平原康多が若手の挑戦を受け止め2回目のGⅡ優勝
注目選手のインタビュー、本紙記者の推奨レース予想を動画で配信中!

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

元モーニング娘・加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

ファイナルDAY2は9月17日(月・祝)に開催し優勝者が決定します。

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

浜名湖ボート・プレミアムGI「ヤングダービー」

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2019サバイバルオーディション
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!