• 文字サイズ

東スポWebトップ > プロレス > プロレス > 【全日本】諏訪魔がカシンの挑発に暴走 本紙記者をカマボコ葬

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【全日本】諏訪魔がカシンの挑発に暴走 本紙記者をカマボコ葬


カシンの嫌がらせに激怒した諏訪魔(左)は本紙記者の口にカマボコをねじ込んだ

 全日本プロレス春のビッグマッチ(25日、さいたまスーパーアリーナ)が風雲急を告げてきた。6人タッグ戦で野獣・藤田和之(47)との再戦に臨む暴走男・諏訪魔(41)は19日、“悪魔仮面”ケンドー・カシン(49)の挑発行為に大激怒。決戦での野獣制裁を誓った。また約10年ぶりに大森隆男(48)との名コンビ「ワイルドチャイルド(WC)」を再結成する新日本プロレスの中西学(51)は、アジアタッグ王座強奪に自信をのぞかせた。

「オイッ、ふざけんじゃねえぞ!」。開場前の後楽園ホール通路に暴走男の怒号が鳴り響いた。

 激高の理由は、本紙がカシンから託された伝言とプレゼントを嫌々ながら届けたことだ。練習を終えたばかりの諏訪魔に悪魔仮面からの「俺たちのメッセージを受け取って下さい」という伝言を伝えつつ、ビニール袋を手渡した。

 諏訪魔が袋を開けると3つのカマボコが…。2月3日の横浜大会で諏訪魔は試合後に藤田、カシン、NOSAWA論外に急襲され、口にカマボコを突っ込まれる大醜態をさらした。その屈辱を思い出したのだろう。顔色はあっという間に真っ赤に染まった。最後まで伝言を届けようとしたが諏訪魔は聞く耳すら持たず「小細工はやめろ!」と大声を上げながら元阪神担当の本紙記者に暴行を加え、仕上げとばかり口にカマボコを突っ込んできた。

 遠のく意識の中で耳をすますと、カマボコを強引にねじ込みながら「いいか、俺は藤田和之しか見ていないんだ!」と諏訪魔の絶叫する声が聞こえた。「藤田! こんなことばかりしていると需要がなくなるぞ。時代は流れてるんだよ! いつまでもそこであぐらをかいていられると思うなよ。それを25日に分からせてやるよ! この戦いが終わったら『次』はないかもしれないからな!」と最後通告を突き付けた。

「俺は正々堂々、正面から行く。もしお前ら(はぐれIGFインター)の『正々堂々』が凶器を使うことだっていうのなら、持って来ればいいんじゃねえか?」と吐き捨ててロッカールームへ消えた。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【サマーナイトフェスティバル】五輪4大会連続出場を目指す渡辺一成が初制覇!
後位から自力に転じた渡辺一成が、当大会初制覇を飾った!

【SGオーシャンカップ】毒島誠が3回目のSG制覇!
コンマ13の好スタートを決めた毒島誠が、2コースから豪快なまくりで抜け出して優勝!

2018サッカーW杯ロシア大会
W杯ロシア大会を総力特集。フランスが20年ぶり2度目の優勝!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「日本財団パラリンピックサポートセンター」スペシャルサポーター・香取慎吾の特別インタビュー掲載(前・後編)

アンカツこと安藤勝己元騎手が今年も登場。ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手は2年連続“登板”!

強さと美しさを兼ね備えた女性アスリートに迫る!

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はボートレース若松SG「第23回オーシャンカップ」

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!