• 文字サイズ

東スポWebトップ > プロレス > プロレス > 【プロレスリングマスターズ】武藤がレジェンドブームの秘密を分析

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【プロレスリングマスターズ】武藤がレジェンドブームの秘密を分析


セコンドの蝶野(右)が武藤にケンカキックを決めた

 プロレス界に「レジェンドブーム」が到来している。16日にはW―1の武藤敬司(55)がプロデュースする「プロレスリングマスターズ」の第3弾大会(東京・後楽園ホール)が行われ“黒のカリスマ”蝶野正洋(54)をはじめとする往年の名レスラーが集結。過去2大会同様、超満員札止めの観衆を集めた。いったいブームの理由は何なのか? 人気をけん引する武藤がその謎を分析した。

 武藤はメインの8人タッグ戦で蝶野率いる「TEAM2000」と対戦。おきて破りのSTFを決めて大奮闘すると、これに触発されたのが永遠のライバル蝶野だ。この日はセコンドにもかかわらずリングインし、ケンカキックを叩き込む。負けじと武藤も閃光魔術弾で対抗して、会場のボルテージは最高潮に。最後はTEAM2000の勝利で幕を閉じ、1639人超満員札止め(主催者発表)の観衆は往年の攻防に酔いしれた。

「1990年代のプロレスで真っ向勝負しよう」という武藤の思いを具現化したリングは昨年2月の旗揚げから、これで3大会連続で超満員札止めをマーク。他団体マットでもレジェンドレスラーは引っ張りだこで、確実なブームになりつつある。

 その理由について武藤は「やる側が楽しんでるのが伝わってるんじゃねえかな。それに新日本プロレスとかW―1のファンは20歳前後だけど、マスターズは40~50代のファンが多くて(昔の)思い出とともに来てくれている」と分析した。

 平成維震軍の復活に馳浩氏(56)の一夜限りの復帰、そして今回のTEAM2000再結成と、オールドファンのノスタルジックな気持ちに響く企画が、会場から足が遠のいていた客層を再び呼び寄せているのだ。

「今の中心は90年代(に活躍した選手)だけど、次は2000年代にいかないと選手が揃わないという時も来ると思う。プロレスの哲学って点から線だから、続けることに意義がある」

 永続的な大会開催に意欲を見せた天才プロデューサーの手腕に今後も期待が高まりそうだ。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【プロレス大賞】新日本プロレス・棚橋が4年ぶり4度目のMVP受賞
授賞式は来年1月17日に都内のホテルで行われる。

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!