• 文字サイズ

東スポWebトップ > プロレス > プロレス > 【全日本】秋山社長2018大攻勢語る 他団体の大物続々参戦の真意は

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【全日本】秋山社長2018大攻勢語る 他団体の大物続々参戦の真意は


王道マットを再び熱くさせている秋山社長

 全日本プロレスが2018年初頭から大攻勢を仕掛けている。15日には3月25日さいたまスーパーアリーナ大会に野獣・藤田和之(47)の参戦が正式発表された。現在、アジアタッグ王座を保持するのが新日本プロレスのミスターこと永田裕志(49)で、春の祭典「チャンピオン・カーニバル(CC)」(4月7日、仙台で開幕)にはノアの天才・丸藤正道(38)らが初参戦。続々と他団体のビッグネームを登場させている秋山準社長(48)を直撃した。

 ――団体外から有力選手の参戦が続いている

 秋山:まだ余裕がある状況じゃないし、毎年が勝負だから。なるべくファンの想像をかき立てる選手をって思ってね。俺がお客さんなら見たいものをやっていこうということ。これはちょっと違うけど(と笑いながら藤田のカードを指さす)。

 ――3・25さいたま大会では諏訪魔、佐藤光留、岡田佑介組VS藤田、ケンドー・カシン、NOSAWA論外組が決まった

 秋山:これは諏訪魔の熱い気持ちに応えてだよね。藤田とからむことにファンから賛否両論の声がある? そこは本人たちも分かっていると思うし「否」の声を変えるのも本人たちの力。避けては通れないと思う。

 ――「否」の声がある以上はリスクもある

 秋山:ウチが支持されている理由の一つに、試合のクオリティーが上がっていることがあると思う。今は「否」でもお客さんに満足してもらえればいい。だけど(藤田組が)自分たちだけが目立ちたい、やりたいというのが行き過ぎると試合が成立しない。それなら申し訳ないけど、もう必要ない。ダメなものを上げる余裕はないから。

 ――12年12月にノアを退団している経緯もあり、丸藤選手のCC参戦は反響大だ

 秋山:メンバーを考えた時にインパクトはそこが一番かなと。今のノアの象徴は丸藤だと思い、頼んだ。皆さんが思うほど、俺は過去にこだわりがないからね。丸藤はよく出てくれたと思うよ。

 ――しかも撤退を表明したCCに秋山選手も2年ぶりに参戦する…

 秋山:丸藤にオファーをかけたんだから、見たいカードは俺しかいないだろ?ってことだよ(2人は同ブロック)。

 ――今後も有力選手の参戦は続くのか

 秋山:見たいな、動けるなと思ったらありますよ。それに「こうやって世間に発信するんだ」と若い選手には感じてほしいからね。自分のとこ(全日本所属)だけでやるのが一番いいけど、まだそこまでの人員もいないしね。

 ――なるほど

 秋山:ただ全日本独自の色を見せていくのは若い選手だから、先頭に立って引っ張ってもらわないと。むしろ若い選手に奮起してもらいたい。「いつまでオッサンがやっているんだ!」ってね。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
2018サッカーW杯ロシア大会
W杯ロシア大会を総力特集。西野ジャパンはセネガルと引き分け1勝1分。次戦は28日にポーランドと対戦する。

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「日本財団パラリンピックサポートセンター」スペシャルサポーター・香取慎吾の特別インタビュー掲載(前・後編)

アンカツこと安藤勝己元騎手が今年も登場。ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手は2年連続“登板”!

強さと美しさを兼ね備えた女性アスリートに迫る!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はボートレース徳山SG「第28回グランドチャンピオン」

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
グランプリは嶋村瞳、奥川チカリ、中野聖子。準グランプリ=二宮さくら、特別賞=丸吉佑佳

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!