• 文字サイズ

東スポWebトップ > プロレス > プロレス > 【RIZIN】福岡大会で堀口恭司VSマッコール “神童”那須川も参戦

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【RIZIN】福岡大会で堀口恭司VSマッコール “神童”那須川も参戦


左から榊原信行実行委員長、村田夏南子、浅倉カンナ、朝倉海、高田延彦統括本部長

 RIZIN FFは14日、都内で会見を行い「RIZIN.9」(5月6日、マリンメッセ福岡)の第1弾対戦カード発表と、2018年の大会開催スケジュールを発表した。

 RIZINは5月の福岡大会からナンバーシリーズが復活。2016年の「RIZIN.1」以来となるが、榊原信行実行委員長(54)は「過去を振り返るのに、やっぱりナンバーがあった方が分かりやすいという問い合わせをファンの中からいただいて、過去に振り返ってナンバーを振ることにしました」と説明。旗揚げとなった2015年末の2大会にはナンバーを振らず、以降の大会に改めてナンバーを付けることになった。

 この日はその「RIZIN.9」で行われる5カードも発表。昨年のバンタム級トーナメントを圧倒的な強さで制した堀口恭司(27)が元UFCトップファイターのイアン・マッコール(33=米国)と対戦するほか「浅倉カンナ(20)VSメリッサ・カラジャニス(30=米国)」「マネル・ケイプ(24=アンゴラ)VS朝倉海(24)」「ジャン・ウェイリー(28=中国)VS村田夏南子(24)」が決定。キックボクシングルールで北井智大(26)が3月18日の「RISE WEST.10」で行われるトーナメントの優勝者と対戦し、さらに“キック界の神童”那須川天心(19)の参戦も発表された。

 会見にはこのうち、昨年の女子スーパーアトム級トーナメントを制した浅倉カンナや村田夏南子、朝倉海が出席。それぞれ「ここからまた新しいスタートだと思う。チャンピオンではありますが、チャレンジャーとして成長している姿を見てもらえるようにがんばりたい」(浅倉)、「去年は2回ケガをしてドン底にいたのでしっかり勝って這い上がってやろうと思います」(村田)、「一番やりたいと思っていた相手とのカードが組まれて最高の気分です。間違いなく一番面白い試合になる。失神させて黙らせてやろうと思います」(朝倉)と意気込みを語った。

 また、その後の日程も発表し7月29日に「RIZIN.10」(さいたまスーパーアリーナ)、8月12日に「RIZIN.11」(愛知県体育館)、9月30日に「RIZIN.12」(さいたまスーパーアリーナ)、12月31日の大みそかに「RIZIN.13」(さいたまスーパーアリーナ)を開催するとした。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【GIIIゴールドカップレース】平原康多 関東の結束力アピールする優勝
吉沢純平が青板バック過ぎから突っ張り、番手の平原康多が4角から抜け出して優勝した。

今年もやります「ザッツPOG」好評発売中
アンカツこと安藤勝己元騎手が今年も登場。ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手は2年連続“登板”!

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

出走メンバー、展開予想、本紙の見解を掲載!

ラインアップは「シルク・ホースクラブ」「サラブレッドクラブライオン」「キャロットクラブ」「友駿ホースクラブ愛馬会」「ローレルクラブ」「東京サラブレッドクラブ」

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回は尼崎ボート「オールスター」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
グランプリは嶋村瞳、奥川チカリ、中野聖子。準グランプリ=二宮さくら、特別賞=丸吉佑佳

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!