• 文字サイズ

東スポWebトップ > プロレス > プロレス > 【全日本】藤田戦へ暴走する諏訪魔にタッグパートナーの石川が「待った!」

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【全日本】藤田戦へ暴走する諏訪魔にタッグパートナーの石川が「待った!」


黒虎戦士(右)と場外でやり合う諏訪魔(中)を制止する石川

 全日本プロレスの前世界タッグ王者・石川修司(42)が13日、野獣・藤田和之(47)との再戦を決意したパートナーの諏訪魔(41)に「待った!」をかけた。

 石川&諏訪魔の「暴走大巨人」は3日の横浜大会で世界タッグ王座から陥落。東京スポーツ新聞社制定「2017年度プロレス大賞」で最優秀タッグ賞に輝きながら、一度も防衛できずにベルトを失った。石川は「悔しい。波があるチームだけど、もろい部分が出てしまって…」と猛省。しかも敗戦ショックに打ちひしがれる間もなく、試合後は諏訪魔が藤田に襲撃され、3月25日さいたまスーパーアリーナ大会で諏訪魔vs藤田の対戦が確実な状況となった。

 だが石川は「天龍(源一郎)さんの引退興行(2015年11月15日両国国技館)で2人が戦った映像を見たけど、不発弾の処理を間違うと、ボクも被害を受ける。できるなら触れないで」と訴えた。諏訪魔はその試合で評価を落としたが「暴走大巨人」による躍進があったからこそ再浮上できたと信じるからだ。

 それでも相棒の意思は尊重する。石川は同じ3月25日にDDT両国大会でKO―D無差別級王座(王者は竹下幸之介)挑戦が決まっているが「自分の力が必要ならパートナーとして(藤田と)戦うことはやぶさかじゃない」と決戦日を変更すれば「暴走大巨人」として野獣を迎撃する決意を示した。

 この日の後楽園大会では試合そっちのけでブラック・タイガーⅦと乱闘する相棒をなだめ「ウチらのコンビはベルトを失っても終わってないんだから、落ち着いて考えてほしい」と呼び掛けた。意外なほど冷静な大巨人の願いは、暴走男に届くのか。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

今年もやります「ザッツPOG」好評発売中
アンカツこと安藤勝己元騎手が今年も登場。ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手は2年連続“登板”!

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

強さと美しさを兼ね備えた女性アスリートに迫る!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回は尼崎ボート「オールスター」

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
グランプリは嶋村瞳、奥川チカリ、中野聖子。準グランプリ=二宮さくら、特別賞=丸吉佑佳

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!