• 文字サイズ

東スポWebトップ > プロレス > プロレス > 藤田、カシン参戦!4・4新宿フェイスで新団体「はぐれⅠGFインターナショナル」船出

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

藤田、カシン参戦!4・4新宿フェイスで新団体「はぐれⅠGFインターナショナル」船出


ホームリングが誕生する藤田(左)とカシン。何やらうれしそうだ

 噂の新団体がついにベールを脱ぐ!“野獣”藤田和之(47)と“悪魔仮面”ケンドー・カシン(49)が参戦する新団体「はぐれⅠGFインターナショナル」が4月4日に東京・新宿フェイスで旗揚げすることが9日、分かった。同団体の事務方を務めるNOSAWA論外(41)が明らかにしたもの。ⅠGF離脱後は風来坊だった野獣に、久々のホームリングが誕生しそうだ。

 お騒がせ男たちに、ようやく「我が家」ができる。

 昨年末から旗揚げの噂があった「はぐれIGFインターナショナル」について論外はこの日、初興行の開催が決まったことを明らかにした。既にポスターも完成しており、そこには藤田とカシンの写真がデカデカと掲載されていた。

 元は2016年2月26日のIGF東京ドームシティホール大会で藤田、カシン、鈴木秀樹(37)、将軍岡本(34)の4人が「はぐれIGF軍」を結成したことに端を発する。その後は大仁田厚(60)率いるFMW軍との抗争などを経て、メンバーも離合集散した結果、ここから派生した「はぐれIGFインターナショナル」に至った。

 一方で、総合格闘技との“二刀流”を続ける藤田がここ最近で出場したプロレス興行といえば、昨年10月31日の大仁田厚引退試合(後楽園)と同11月16日の東方英雄伝(同)だけ。現在は全日本プロレスの暴走男・諏訪魔(41)との対戦が決定的な状況だが、今後はプロレスの試合が増えることになりそうだ。

 論外から依頼された本紙記者がカシンに旗揚げ戦の概要を伝えると「4月4日? ちょっと分かりません。藤田と私はその時期はハワイとかいろいろ行きたいから、参戦するかは状況次第です、はい」と希代のヘソ曲がり男らしく答えたが、出場は間違いない。このほかの参戦選手は未定も、IGF消滅による離散メンバーが集まることが有力視される。

「だいたい旗揚げ戦っていっても中身は東京愚連隊興行と一緒じゃないか。名前を変えただけだろ!? そんなことより許せないのは秋山(準)のヤローだ。2年前に『チャンピオン・カーニバルから撤退する』と言ったのに、今年はしれっと参戦しやがって。だいたいあのヤローは横浜でも…(以下略)」と罵詈雑言を並べた悪魔仮面は「ダブルブッキングしようとしたら、どっちにもフラれそうです…」と意味不明な言葉を口にして“参戦交渉”を一方的に打ち切った。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

今年もやります「ザッツPOG」好評発売中
アンカツこと安藤勝己元騎手が今年も登場。ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手は2年連続“登板”!

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

出走メンバー、展開予想、本紙の見解を掲載!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回は尼崎ボート「オールスター」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
グランプリは嶋村瞳、奥川チカリ、中野聖子。準グランプリ=二宮さくら、特別賞=丸吉佑佳

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!