• 文字サイズ

東スポWebトップ > プロレス > プロレス > 【超花火】世志琥が新爆女王に 試合後は長与を一喝「クソつまんねえんだよ」

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【超花火】世志琥が新爆女王に 試合後は長与を一喝「クソつまんねえんだよ」


第2代女王に輝いた世志琥

 超花火プロレス「電流爆破フェスティバル」(28日、エディオンアリーナ大阪第2競技場)で行われた爆女王選手権は、女子プロレス界のカリスマ・長与千種(53=マーベラス)が王座から陥落し、シードリングの世志琥(24)が第2代王者に輝いた。

 長与が持つベルトを懸け、世志琥、藤田あかね(31=アイスリボン)、そしてTARU(53)が投入した“極悪覆面女”ブードゥー・レディーマスクによる4WAYマッチ形式で行われたタイトル戦。用意された4本の電流爆破バットのうち、3本はダミーで1本だけに爆薬が仕掛けられた「ロシアンルーレット」形式で行われた。

 赤い法被姿の大応援団を引き連れて入場してきた長与はゴング前に奇襲をかけ、極悪覆面女と激しい場外乱闘を繰り広げる。爆破バットを手にした極悪覆面女にフルスイングされるが、これはダミーだったため爆破は逃れた。その後も世志琥と藤田がバット攻撃を繰り出すが、いずれも“不発弾”だ。

 そして迎えた13分過ぎ、残る最後のバットを手にした極悪覆面女が、藤田めがけて命中させると、ついに大爆発。様子がおかしいと感じた長与と世志琥が覆面を脱がすと、やはり正体はTARUだった。怒りの長与がTARUと大乱闘を繰り広げる中、世志琥がダイビングセントーンで藤田から勝利を奪った。

 この結果により、初の電流爆破戦で一度も爆破を経験しないまま世志琥が新王者になった。ベルトは失ったものの長与は満足そうな表情で「ベルトは最適な人間を選ぶ。悔しいけど、うれしいわ。私はお前のファンだよ。そのベルトを死ぬ気で守ってくれますか?」と改めて爆破継承者に指名した。

 さらに「しばらく長与は爆女王から消えます」と超花火プロレスからの撤退を表明。すっかり長与劇場と化した試合後のリングだったが、新女王になった世志琥も黙っていなかった。「負けたクセにグダグダ言ってんじゃねえ! 長与劇場なんてクソつまんねえんだよ」と一喝すると「このベルトがアタイのもとにある。それが事実。だから、このベルトを巻いてる世志琥にご注目!」と豪語した。

 なお歓喜の世志琥をアイスリボンの世羅りさ(26)が静かにニラみつける場面もあり、長与不在となった爆女王戦線は新たなステージに突入しそうだ。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【GIIウィナーズカップ】大垣競輪場で21日開幕!
注目選手のインタビュー、記者の推奨レース予想を動画で公開!

【戸田SGクラシック】ボートレース戸田で開催中!
注目選手のインタビューを動画で配信!

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

国民的アイドルグループ「嵐」はなぜ約2年先の休止を発表したのか?

コンビニのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後4時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

ボートレース戸田・SG「第54回クラシック」

65歳までの経験者歓迎。仕事内容は紙面の校閲作業全般。やる気のある方、上記をクリック!

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!