• 文字サイズ

東スポWebトップ > プロレス > プロレス > 【プロレス大賞授賞式】4年連続ベストバウト受賞 オカダが殿堂入り要求

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【プロレス大賞授賞式】4年連続ベストバウト受賞 オカダが殿堂入り要求


オカダは壇上でプロレス大賞の“殿堂入り”を要求した

 昨年の新日本プロレス1・4東京ドーム大会で行われたケニー・オメガ(34)とのIWGPヘビー級王座戦が年間最高試合賞(ベストバウト)に輝いたオカダ・カズチカ(30)が、他団体へゲキを飛ばした。IWGP王者でありながら新日プロの独走状態に警鐘を鳴らし、団体外のライバル出現を熱望だ。

 プロレス大賞史上初の快挙となる4年連続ベストバウトを受賞したオカダは壇上で「これで8個目のトロフィー(同賞5度、MVP3度)になるので、もうそろそろベストバウトから外してもらってもいいかなと思うんですけど、しっかり2018年も皆さんの心に残るような忘れられないような試合をしたいと思います」とスピーチした。

 憎らしいまでに堂々とした“殿堂入り”要求。この裏には、トップを独走するがあまりプロレス大賞の「超常連」となってしまったことへの物足りなさがある。オカダは「最初のころは富子(母親)も喜んでくれてたけど、もうトロフィー置くところないですもん(笑い)。まあ、でもあれは『他の人、頑張ってよ』ってことです。他の人っていうのは他団体です」と真意を明かした。

 凱旋帰国した12年にいきなりMVPとベストバウトをダブル受賞。以降のプロレス大賞ではMVPとベストバウトを新日プロ所属選手がほぼ独占。唯一、新日プロ以外からの選出となった15年のベストバウトもオカダが相手を務めた天龍源一郎引退試合だった。

 そうした状況だけにレインメーカーは「このままだと新日本プロレス大賞になっちゃうよ、と。1強なんで意味が薄れちゃいますよね。あの団体のあの試合はすごかった。あの試合もすごい。どっちだろう? それで新日本の試合が選ばれるほうがやっぱりうれしいわけですから」と警鐘を鳴らした。

 他団体にゲキを飛ばすほどの余裕とも言えるが、ハイレベルの試合を常にこなしていくのがIWGP王者の責務であり、使命であることも揺るがぬ事実。2月10日の大阪大会ではSANADA(29)とのIWGP王座V10戦も決定しており「タイトルマッチでは新しいチャレンジャーなので。新しいものが見せれると思いますし、そういう中ですごい試合を見せていけたらと思います」と腕をぶした。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【GIIIゴールドカップレース】平原康多 関東の結束力アピールする優勝
吉沢純平が青板バック過ぎから突っ張り、番手の平原康多が4角から抜け出して優勝した。

今年もやります「ザッツPOG」好評発売中
アンカツこと安藤勝己元騎手が今年も登場。ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手は2年連続“登板”!

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

出走メンバー、展開予想、本紙の見解を掲載!

ラインアップは「シルク・ホースクラブ」「サラブレッドクラブライオン」「キャロットクラブ」「友駿ホースクラブ愛馬会」「ローレルクラブ」「東京サラブレッドクラブ」

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回は尼崎ボート「オールスター」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
グランプリは嶋村瞳、奥川チカリ、中野聖子。準グランプリ=二宮さくら、特別賞=丸吉佑佳

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!