• 文字サイズ

東スポWebトップ > プロレス > プロレス > 【プロレス大賞授賞式】最優秀選手賞・内藤哲也「IWGPを超えた存在を証明できた」

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【プロレス大賞授賞式】最優秀選手賞・内藤哲也「IWGPを超えた存在を証明できた」


トロフィーを放り投げるポーズで周囲をあわてさせたMVPの内藤

 今年で44回目を迎えた東京スポーツ新聞社制定「2017年度プロレス大賞」の授賞式が18日、都内のホテルで行われ、最優秀選手賞(MVP)に選ばれた内藤哲也(35)ら、プロレス界のトップ選手が一堂に会した。

 一昨年に続いて、昨年もロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン旋風がプロレス界を席巻した。内藤は、一年通じてIWGP王座を保持したオカダ・カズチカを差し置いて、2年連続でMVPを受賞した。

「内藤哲也、ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンの人気は単なるブームであり、勢いはすぐになくなる――そんな声をよく耳にしました。だが、史上5人目となる2年連続MVP。内藤哲也はIWGPを超えた存在である。この言葉は大げさではないということを皆さんに証明できたのではないかと思います」と胸を張った。

 長い日本のプロレス史に名前を刻んだ内藤は、2018年も勢いをますます加速させるつもりだ。

「何かを変えるにはリスクを恐れず、一歩踏み出すことが大事だと思います。プロレスを通して一歩踏み出す勇気を皆さんに与えていきたいと思います」と、まるで新日本プロレスの創設者のような語り口で、ファンに約束した。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【GI全日本選抜競輪】中川誠一郎が2回目のGI制覇
残り1周を果敢に逃げた中川誠一郎が、2016年4月静岡ダービー以来2回目のGI制覇を成し遂げた!

【緊急連載】ジャニーズ帝国に吹き荒れる嵐の深層
国民的アイドルグループ「嵐」はなぜ約2年先の休止を発表したのか?


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

65歳までの経験者希望。仕事内容は紙面の校閲作業全般。やる気のある方、上記をクリック!

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!