• 文字サイズ

東スポWebトップ > プロレス > プロレス > 【全日本】ドーリング 悪性脳腫瘍からの復帰記念日に3冠V2

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【全日本】ドーリング 悪性脳腫瘍からの復帰記念日に3冠V2


王座を防衛したドーリング

 全日本プロレスの3冠ヘビー級選手権(2日、東京・後楽園ホール)は王者のジョー・ドーリング(35)がゼウス(35)の挑戦を退け、2度目の防衛に成功した。1年前、悪性脳腫瘍から奇跡の復帰を果たした大会に、王者として立つに至ったドーリング。早くも次なる挑戦者も現れ、2018年の全日マットをけん引する覚悟を決めた。

 試合終了を告げる3カウントゴングが鳴らされると、ドーリングは静かに笑みを浮かべた。その直後、両手を挙げて雄たけびをあげると「ハッピーニューイヤー!」と絶叫。観衆とともに新年の始まりと、ベルトを死守した喜びを分かち合った。

「タフな試合だった」と振り返るようにパワーファイター同士の一戦は、予想以上に苦しい展開となった。序盤から意地で相手のチョップ、ショルダータックルを真正面で受け続けた結果、目に見えないダメージが蓄積していった。

 それでも15分過ぎにフライングボディーアタックを成功させると、ここから一気に勝負に出た。最後は右の拳を突き出すと、この試合3発目のレボリューションボムを成功させて勝利した。

 1年前を振り返れば、奇跡の光景だった。悪性脳腫瘍により一時は生死の境をさまよいながらも、約1年5か月ぶりにリング復帰を果たしたのが昨年1・2後楽園大会。当時、わずか1年後に3冠王者としてタイトル戦の舞台に立つ姿など誰が想像できたことだろう。

 もちろん、ここが最終ゴールではない。試合後にはKAI(34)が登場。英語で「俺のホームタウンの横浜で、3冠王座に挑戦したい」と決戦場所を2月3日横浜文化体育館大会に指定し、挑戦状を突きつけてきた。

 王者も逃げるつもりはない。「暴走機関車はもう誰にも止められない。KAIはこのベルトの重みと俺のパワーを知ることになるだろう」と豪語し、決定的となった約1か月後のV3戦に目を向けた。宮原健斗(28)、諏訪魔(41)、石川修司(42)と並んだ昨年の「4強時代」から昨年から、18年の全日マットは「1強時代」に突入しそうだ。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【サマーナイトフェスティバル】五輪4大会連続出場を目指す渡辺一成が初制覇!
後位から自力に転じた渡辺一成が、当大会初制覇を飾った!

【SGオーシャンカップ】毒島誠が3回目のSG制覇!
コンマ13の好スタートを決めた毒島誠が、2コースから豪快なまくりで抜け出して優勝!

2018サッカーW杯ロシア大会
W杯ロシア大会を総力特集。フランスが20年ぶり2度目の優勝!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「日本財団パラリンピックサポートセンター」スペシャルサポーター・香取慎吾の特別インタビュー掲載(前・後編)

アンカツこと安藤勝己元騎手が今年も登場。ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手は2年連続“登板”!

強さと美しさを兼ね備えた女性アスリートに迫る!

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はボートレース若松SG「第23回オーシャンカップ」

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!