• 文字サイズ

東スポWebトップ > プロレス > プロレス > 【新日本】“マッスルモンスター”北村が「ヤングライオン杯」全勝V

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【新日本】“マッスルモンスター”北村が「ヤングライオン杯」全勝V


優勝カップを持った北村の笑顔がはじけた

 新日本プロレス若手の登竜門「ヤングライオン杯」は21日、東京・新宿フェイスで最終公式戦が行われ、32歳のルーキー・北村克哉が優勝した。

 岡倫之(26)との対戦は、新人離れした2人による激しい攻防の連続。エルボー、チョップ、ショルダータックル…互いに一歩も譲らない展開となった。そんな中で11分過ぎに北村が強烈なスピアーを決めると、そこからジャックハマーにつないで勝利。蝶野正洋(54)、ケンドー・カシンこと石澤常光ら偉大な先輩たちが制した由緒ある大会を全勝で制した。

 試合後は「ファンの方の応援で北村克哉に化学反応が起き、勝利に結びついたんだと思います」と黒光りする顔から白い歯をのぞかせた。もちろん、ここは通過点に過ぎない。来年の海外武者修行を希望すると「猛者どもがいる米国で進化したい」と目を輝かせた。

 また12年ぶりの大会復活に尽力したミスターこと永田裕志(49)は「すぐにでも新日本という枠から羽ばたいていってもいいんじゃないか。へっへへ」と海外修行を後押し。マッスルモンスターの今後に期待をかけた。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
2018年有力クラブ紹介「ひと口馬主のススメ」
ラインアップは「シルク・ホースクラブ」「サラブレッドクラブライオン」「キャロットクラブ」「友駿ホースクラブ愛馬会」「ローレルクラブ」「東京サラブレッドクラブ」

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)


おすすめコンテンツ
出走メンバー、展開予想、本紙の見解を掲載!

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

ファイナルDAY2は9月17日(月・祝)に開催し優勝者が決定します。

第2、第3の人生を追跡!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回は芦屋ボート・SG「第21回チャレンジカップ」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2019サバイバルオーディション
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!