• 文字サイズ

東スポWebトップ > プロレス > プロレス > WWEのスーパースター クリス・ジェリコが告白「俺が新日本に来た理由」

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

WWEのスーパースター クリス・ジェリコが告白「俺が新日本に来た理由」


ジェリコは正真正銘の世界的プロレスラーだ

 新日本プロレスの来年1月4日東京ドーム大会でIWGP・USヘビー級王者ケニー・オメガ(34)に挑戦する“Y2J”ことクリス・ジェリコ(47)が、本紙の単独インタビューに応じ胸中を激白した。世界最大団体の米WWEで数々の栄光を手にしたスーパースターの新日本参戦の真意、同大会のメーンで激突するIWGPヘビー級王者オカダ・カズチカ(30)と東京スポーツ新聞社制定「2017年度プロレス大賞」MVP・内藤哲也(35)の評価、そして今後のプランは――。

 ――新日本でのケニー戦を決断した理由は

 ジェリコ:これはドリームマッチだからだ。ファン、業界、自分…すべてに利点がある。

 ――一説にはボクシング元5階級制覇王者フロイド・メイウェザー(40)とUFC2階級制覇王者コナー・マクレガー(29)の試合(8月)にインスパイアされたとか

 ジェリコ:あの試合も誰も実現しないと思ったのに実現した。そう考えるとインスパイアは受けている。この試合は今がベストのタイミングだ。

 ――ケニーの印象

 ジェリコ:アメージングだ。自分が見た中でも最高と言っていい。俺のほうがすごいけどね。

 ――これまで新日本とWWEに交流がなかったからインパクトが大きい

 ジェリコ:どうかな。今、俺はどことも契約していないから、好きなことができる。だから、WWEは関係ない。

 ――現在の新日本プロレスのレベルは

 ジェリコ:WWEを除けば世界最大だと思う。そして今も世界に発信し続け、それが届いている。エキサイティングだし、素晴らしいパフォーマーが揃っていて、みんなが見たいと思っている。

 ――ジェリコvsケニーはその流れを加速させる

 ジェリコ:だからこそ新日本も俺を必要としているんじゃないかな。

 ――ダブルメーンとなるオカダvs内藤について

 ジェリコ:もちろん知っている。2人のことも、とても大きな試合だということも。でも、今は日本のファンもこっちの試合に興味が湧いたんじゃないかな。オカダvs内藤は、どうしても新日本の試合という域を出ない。でも、俺とケニーの試合は二度とあるかわからない。そこで重要性が変わる。

 ――WWEスーパースターと比較して、オカダや内藤の評価は

 ジェリコ:WWEというのは世界が違うから、誰にも分からない。これはスタイルの違いの話だ。もちろん彼らはベストパフォーマーだと思う。オカダはレスラーとして世界トップだと思っている。彼らがもしWWEに沿った戦い方ができれば、WWEでだってトップになれると思う。

 ――もしUS王者になった場合、継続参戦も

 ジェリコ:ケニーとの対戦は二度とあるか分からないと言っているだけで、ワンマッチしかしないとは言っていない。新日本に上がるのは今回が最後とは明言していない。お楽しみに(笑い)。

 ――最後に日本のファンにメッセージを

 ジェリコ:世界最高で歴史に残るレスラーの対戦であり、2人とも日本でキャリアを積み上げてきた男だ。もし何か一つプロレスを見に行くならレッスルキングダム(1・4東京ドーム)のはずだ。もしも見逃したら、後で泣くほど後悔することになると思うよ。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【GIII滝澤正光杯in松戸】松戸競輪場で13日開幕!
注目選手インタビュー、記者の推奨レース予想など動画コンテンツを配信!

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

ファイナルDAY2は9月17日(月・祝)に開催し優勝者が決定します。

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

浜名湖ボート・プレミアムGI「ヤングダービー」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2019サバイバルオーディション
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!