• 文字サイズ

東スポWebトップ > プロレス > プロレス > 【プロレス大賞】諏訪魔&石川修司がベストタッグ 来年は他団体出撃か

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【プロレス大賞】諏訪魔&石川修司がベストタッグ 来年は他団体出撃か


ベストタッグの諏訪魔(右)、石川修司組

 2017年度プロレス大賞の最優秀タッグ賞は、全日本プロレスで結成された諏訪魔(41)、石川修司(42)組が初受賞した。

 188センチ(諏訪魔)と195センチ(石川)の和製大型タッグがうれしい初受賞だ。選考会では総勢6チーム(ユニット1)がノミネートされたが、1回目の投票で16票を獲得する圧勝だった。

 正式なタッグ結成は10月からだったが、12日の東京・後楽園ホール大会で「世界最強タッグ決定リーグ戦」を優勝したインパクトが大きかった。

 また個人の活躍も目立った。本格的に全日マットに参戦した石川は春の祭典「チャンピオン・カーニバル」を優勝し、5月には3冠ヘビー級王座を初戴冠。めきめき頭角を現し、どちらかといえばネームバリューのなかった石川の名前がクローズアップされ始めた。

 また諏訪魔は7月に邪道・大仁田厚と電流爆破デスマッチで対戦すると、その翌日に3冠戦に挑戦(当時の王者は石川)して話題となった。

 その諏訪魔も10月には同王座史上最多となる6度目の戴冠を成し遂げた。10年度の殊勲賞以来の受賞に「3冠戦でも戦い、この一年は石川修司と作り上げてきたので、いい形になってよかった」と久々の栄冠に笑顔を見せた。

 一方、これがプロレス大賞初受賞となる石川は「ボクは空気を読むタイプだけど、諏訪魔さんは話題になることをドンドンやる。自分にないものを持っているので、引き出しが増えた」と感謝の言葉を口にした。

 来年は他団体での活躍も期待される2人は「マット界にケガ人続出だな、オイ!」(諏訪魔)、「そんなこと口にしたらオファーが来ないですよ…」(石川)。掛け合いも息ぴったりな愉快痛快な和製大型タッグに18年は注目だ。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
今年もやります「ザッツPOG」好評発売中
アンカツこと安藤勝己元騎手が今年も登場。ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手は2年連続“登板”!

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

2018年有力クラブ紹介「ひと口馬主のススメ」
ラインアップは「シルク・ホースクラブ」「サラブレッドクラブライオン」「キャロットクラブ」「友駿ホースクラブ愛馬会」「ローレルクラブ」「東京サラブレッドクラブ」


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

出走メンバー、展開予想、本紙の見解を掲載!

ラインアップは「シルク・ホースクラブ」「サラブレッドクラブライオン」「キャロットクラブ」「友駿ホースクラブ愛馬会」「ローレルクラブ」「東京サラブレッドクラブ」

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回は尼崎ボート「オールスター」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
グランプリは嶋村瞳、奥川チカリ、中野聖子。準グランプリ=二宮さくら、特別賞=丸吉佑佳

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!