• 文字サイズ

東スポWebトップ > プロレス > プロレス > 【新日】タマ・トンガ&タンガ・ロアがWTL優勝決定戦へ

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【新日】タマ・トンガ&タンガ・ロアがWTL優勝決定戦へ


 新日本プロレスの愛媛・今治大会(9日)で行われた「ワールドタッグリーグ」Bブロック公式戦で、タマ・トンガ(年齢非公表)、タンガ・ロア(34)の「GOD」が石井智宏(41)、矢野通(39)組を撃破。5勝2敗の勝ち点10で大混戦のBブロック突破を決めた。GODは優勝決定戦(11日、福岡)でAブロック1位のEVIL(30)、SANADA(29)組と激突する。

 GODはこの日の最終公式戦で、同じく2敗の矢野組と激突した。矢野の金的攻撃から石井の首折り弾、さらに矢野に丸め込まれたタマだったが、間一髪で3カウントは阻止。逆に矢野にガン・スタンを決めて形勢逆転に成功する。

 さらに援護に入った石井を、タンガとの合体式トンガンツイストで排除。最後は合体の必殺技「ゲリラ・ウォーフェア」で矢野を沈めてみせた。

 これで5勝目を挙げたGODは、勝ち点10で現IWGPタッグ王者のランス・アーチャー、デイビーボーイ・スミスJr.組(KES)、レイモンド・ロウ、ハンソン組(ウォーマシン)と並んだが、いずれのチームにも直接対決で勝利しているためブロック突破が確定。最終日まで実に6チームに優勝決定戦進出の可能性があった大混戦を抜け出し、頂点に王手をかけた。

 試合後のリング上では、8日の広島大会でAブロック突破を決めたEVIL組を呼び寄せ、視殺戦を展開した。対するEVILも「あさっての福岡で、史上最高のフィナーレを見せてやるぜ。よく覚えとけ」と宣戦布告だ。

 昨年のWTLこそ準優勝に終わったGODだが、2年連続のファイナルの舞台で今度こそ初制覇を成し遂げるつもりだ。タマは「俺たちはKESにも、ウォーマシンにも勝った。それも3WAYのような試合ではなく、純粋なタッグマッチでだ。俺たちが世界でベストのチームだ」と豪語。「ロス・なんちゃらとか言ったな(注・正しくはロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン)。EVIL、SANADA、それから…ええとペドロ、ホセ…(注・そんなメンバーはいない)。福岡でかかってこい。叩きのめしてやる」と揺るがぬ自信をのぞかせた。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!