• 文字サイズ

東スポWebトップ > プロレス > プロレス > RIZIN榊原委員長の暴露話予告に関係者はヒヤヒヤ

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RIZIN榊原委員長の暴露話予告に関係者はヒヤヒヤ


講演会を控えた榊原委員長。気合がみなぎっている

 格闘技イベント「RIZIN」の榊原信行実行委員長(54)の「やる気」に周囲の不安が高まっている。

 年末に行われる格闘技イベント「RIZIN FIGHTING WORLD GP 2017」(12月29&31日、さいたまスーパーアリーナ)に向けて「RIZIN FF」は、ミルコ・クロコップ(43=クロアチア)対高阪剛(47)などいよいよ本格的なカード発表を始めた。ところが、陣頭指揮を執っている榊原実行委員長の過剰な「やる気」が関係者を不安にさせているという。

 といっても年末の大会についてではない。それに先立ち12月2日に都内で行われる「ビジネス男塾」という榊原委員長の講演会だ。PRIDEなどの運営を通じて得たビジネスノウハウや秘訣を受講者に伝えるのが趣旨のはずだったが、榊原委員長はなぜか「ビジネスの話ばかりをするつもりはない!」と闘志むき出しになっている。

 ビジネス講座でビジネスの話をしないというのも妙な話だが、榊原委員長は「ただ一方的に伝えるのではなく、自分の生きざまを話すことで受講者のみなさんに思いを伝えたい」と意気込んでいるのだ。そのために「PRIDEやRIZINの裏話も何でもする。活字やテレビで報道できなかったようなことも包み隠さず話す!」と言いだしたから穏やかではない。

 いわば“暴露話”を予告しているわけだ。この榊原委員長の過剰とも思える「やる気」は制止できるはずもなく、とりあえず関係者は録音やSNSによる講演内容の拡散禁止で対応しようとしている。しかし今の時代、それでどこまで「情報漏えい」を防止できるのやら…。関係者が不安になるのも無理はない。年末の大舞台を前に、いわゆる“炎上”のような騒動は避けてもらいたいところだ。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【GIIIゴールドカップレース】平原康多 関東の結束力アピールする優勝
吉沢純平が青板バック過ぎから突っ張り、番手の平原康多が4角から抜け出して優勝した。

今年もやります「ザッツPOG」好評発売中
アンカツこと安藤勝己元騎手が今年も登場。ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手は2年連続“登板”!

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

出走メンバー、展開予想、本紙の見解を掲載!

ラインアップは「シルク・ホースクラブ」「サラブレッドクラブライオン」「キャロットクラブ」「友駿ホースクラブ愛馬会」「ローレルクラブ」「東京サラブレッドクラブ」

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回は尼崎ボート「オールスター」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
グランプリは嶋村瞳、奥川チカリ、中野聖子。準グランプリ=二宮さくら、特別賞=丸吉佑佳

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!