• 文字サイズ

東スポWebトップ > プロレス > プロレス > 「大神」の大地と神谷が ストロングヘビー級王座挑戦懸け11・21激突

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「大神」の大地と神谷が ストロングヘビー級王座挑戦懸け11・21激突


がっちり握手する橋本大地(右)と神谷英慶

 大日本プロレスは14日、都内で会見し、11・21後楽園ホール大会で、BJW認定世界ストロングヘビー級王座の「次期挑戦者決定戦」を行うと発表した。

 同大会ではタッグチーム「大神(おおかみ)」を結成する〝破壊王子〟こと橋本大地(25)と神谷英慶(25)の一騎打ちが決定済み。神谷が会社側に要求して決まった一戦で、会見では「ここで次期挑戦者決定戦を行いたい」と提案した。

 大地も「次期挑戦者を決めることに関しては賛成。キッチリやりたい」と受諾した。神谷は1日の後楽園大会で王者・鈴木秀樹(37)に挑戦するも敗北。試合後に「もう一度やろう」と王者と約束し、一方の大地も挑戦表明していたからだ。

 これにより、この試合の勝者が年内最後のビッグマッチとなる12・17横浜文化体育館大会で、王者・鈴木に挑戦することが電撃決定した。大神の2人は大日本の「最侠タッグリーグ」を優勝し、全日本プロレスの「世界最強タッグ決定リーグ戦」(19日に札幌で開幕)にも出場する。

 それでも「パートナーと戦うことに戸惑いとかは一切ない。戸惑うほうがパートナーに失礼。ボクは再挑戦したいし、どっちが強いか、ここで決めて挑戦することに意見はない。しかるべきタイミングだと思う」と神谷。大地も「誰にも文句は言わせない。2人とも今はベルトがないので、今ここでやるのはありだと思う」と表情を引き締め、パートナー対決に向けて火花を散らした。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【向日町GIII平安賞】22日に京都向日町競輪場で開幕!
注目選手のインタビュー、本紙記者の推奨レース予想を動画で配信!

【GⅡ共同通信社杯】平原康多が若手の挑戦を受け止め2回目のGⅡ優勝
注目選手のインタビュー、本紙記者の推奨レース予想を動画で配信中!

【GⅢレディース笹川杯】長嶋万記がイン逃げV
注目選手のインタビュー、講談師・ 旭堂南鷹の推奨レース予想を動画で配信中!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

元モーニング娘・加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

「日本財団パラリンピックサポートセンター」スペシャルサポーター・香取慎吾の特別インタビュー掲載(前・後編)

アンカツこと安藤勝己元騎手が今年も登場。ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手は2年連続“登板”!

ファイナルDAY2は9月17日(月・祝)に開催し優勝者が決定します。

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

浜名湖ボート・プレミアムGI「ヤングダービー」

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2019サバイバルオーディション
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!