• 文字サイズ

東スポWebトップ > プロレス > プロレス > 天龍の長女・嶋田紋奈さん結婚 “3世”の将来に期待

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

天龍の長女・嶋田紋奈さん結婚 “3世”の将来に期待


愛娘・紋奈さん(左)の結婚に天龍は笑みが絶えなかった

 2015年11月15日両国国技館の引退試合を最後に現役を退き、現在はタレントとしても活躍中のミスタープロレスこと天龍源一郎(67=本名・嶋田源一郎)の長女・嶋田紋奈さん(34=天龍プロジェクト代表)が、12月3日に都内で挙式することが13日までに分かった。お相手は埼玉県在住の男性会社員(30)。1年間の交際期間を経てめでたく結婚となった。親娘3人の嶋田家に、ひと足早い春が訪れると同時に“天龍3世”の将来にも期待が集まる。

 劇的な引退から2年、天龍最愛の大きな娘が大きな朗報を運んできた。幼少のころからプロレスラー・天龍の背中を見て育ち、思春期には両親が心血を注いだWARで裏方の大変さを学び、父が最後の場所と定めた天龍プロジェクトでは、2010年の旗揚げから代表を務めた。

「女性として一番大事な時期に、プロレスに深くかかわることで幸せを逃してしまったんじゃないかと。親として申し訳ないという思いはあった」と父は案じていたが“史上最強の長女”はゴング寸前で大逆転を決めた。「引退ロードでは1年365日24時間、プロレスラー・天龍源一郎のマネジメントに徹して、他のことなんか考えられなかった。引退直後は残務処理に終われていたけど、それも終わると精神的な支えがなくなり、ぬけがらのようになってしまったんです」(紋奈代表)

 ここに登場したのが旦那様だ。同年12月24日、友人主催のパーティーで2人は出会った。翌年4月19日から本格交際がスタート。交際の報告を受けた父はチョップを放つ時のように身構え「えっ」と絶句したという。「交際から1年たったらプロポーズしようと決めていた」という旦那様の言葉通り、今年4月19日にめでたく求婚&即諾。「天龍一家初の花嫁」誕生となった。

「物静かで寡黙。サッカーが大好きなんです。立派なご両親に育てられ、一般社会で働いている普通の会社員ですので、写真も実名も遠慮させてください。そっとしておいていただければ幸せでございます。それと…」と、大和なでしこらしく頭を下げた後「…プロレスの時のような書き方だけはやめてく・だ・さ・い・ね。ね・ね・ねっ?」と地面からズームインする姿勢で、声のトーンを3オクターブほど上げた。この瞬間、ミスタープロレスのDNAが垣間見え、少し背筋が凍った。

 とにかく12月3日に幸せのゴング…いや、チャイムが鳴らされる。「父親は天龍源一郎。10代の時の理想男性は悪魔仮面ことケンドー・カシン」という超難関を攻略した旦那様(171センチ、63キロ)の勇気には敬服するしかない。

 第1子が誕生すれば天龍にとって待望の初孫となり、その将来にも期待がかかる。「何をやるかは本人の意思が一番ですよ」と天龍は目を細めたが、もし男の子ならばミスタープロレスの遺伝子が流れた“天龍3世”だ。どうしても期待を抱いてしまう。天龍はオカダ・カズチカ(30=新日本プロレス)戦で40年間のレスラー生活にピリオドを打ったが「孫がカタキ? いいねえ。そういう夢はあってもいいんじゃないの。男のロマンだね。なあオカダ選手よ、フフフ…」と“3世”に夢を託した。

 天龍はわずか13歳で相撲界に入った。孫が中学を卒業する時期(15歳)を待っても、オカダはまだ40代後半。不可能な話ではないだろう。とにかく暗い話題ばかり続いたマット界に久々に飛び込んだ朗報であることに間違いはない。若き2人と“天龍3世”の未来に幸あれ――。

【母・まき代さんの話】今までたくさん大変な思いをしてきたから、理解ある旦那さんを得て、世界で一番の幸せなお嫁さんになってほしいと思います。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
2018サッカーW杯ロシア大会
W杯ロシア大会を総力特集。西野ジャパンは初戦コロンビアに競り勝ち白星発進。次戦は24日午後8時(日本時間25日午前0時)からセネガルと対戦する。

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「日本財団パラリンピックサポートセンター」スペシャルサポーター・香取慎吾の特別インタビュー掲載(前・後編)

アンカツこと安藤勝己元騎手が今年も登場。ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手は2年連続“登板”!

強さと美しさを兼ね備えた女性アスリートに迫る!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はボートレース徳山SG「第28回グランドチャンピオン」

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
グランプリは嶋村瞳、奥川チカリ、中野聖子。準グランプリ=二宮さくら、特別賞=丸吉佑佳

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!