• 文字サイズ

東スポWebトップ > プロレス > プロレス > 【全日本】諏訪魔 “眠れる巨人”石川修司を覚醒させる!

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【全日本】諏訪魔 “眠れる巨人”石川修司を覚醒させる!


全日マットに久々に登場した和製大型コンビの諏訪魔(右)と石川

 全日本プロレスの暴走男・諏訪魔(40)が12日、暮れの祭典「世界最強タッグ決定リーグ戦」(19日、札幌で開幕)でパートナーの石川修司(42)を覚醒させることを予告した。今年は3冠ヘビー級王座を初戴冠するなど飛躍の年となった石川だが、諏訪魔は「暴れ足りない」と相棒を手厳しく分析。そこで自ら大暴走ファイトを展開することで“眠れる巨人”を呼び起こす構えだ。

 最強タッグ開幕が1週間後に迫ったこの日、諏訪魔はすでに戦闘モードに突入していた。そして「ベルトはなくなったけど、まだ今年の俺が終わったと思われたくない。もう気持ちは切り替わった。今年の総決算として最強タッグで暴れてやる」と舌なめずりした。

 10月9日後楽園大会では宮原健斗(28)を撃破し、史上最多記録となる6度目の3冠ヘビー級王座戴冠を果たした。だがわずか12日後の同21日横浜大会では、元盟友ジョー・ドーリング(35)に敗れてあっさり陥落。だからこそ汚名返上をかけて臨む最強タッグへの意気込みは、例年以上に強い。

 しかもドーリングの造反により、今年のパートナーは“三顧の礼”を尽くして迎えた石川だ。ただしその相棒については「俺と一緒で本来は気性が荒いはず。試合でも時折り『やべえ、コイツいっちゃってる』って場面があって、その時は俺も自然と笑みが出る。それを一瞬じゃなく、常に出してほしい」との思いを抱いていたという。

 そこで考えた覚醒方法がこれだ。「下手に気を使うと向こうも萎縮してしまう。だから俺が一人でガンガン暴れてやれば、自然とアイツも意地を張ってくる。そうなりゃ、どっちがフィニッシュを取るか“獲物”の奪い合いになるな。フフフ」

 マット界では久々となる大型コンビの誕生とあって、2人は早くも優勝候補筆頭に挙げられている。だからこそ「プロレス界をひざまずかせるためにも、全日本内でつまずいてるわけにはいかないんだ。もし彼が眠れる獅子のままだったら組んでる意味がないから別れる」とスピード解散をチラつかせつつ、諏訪魔は石川にプレッシャーをかけた。大暴走コンビが暮れの全日マットでとんでもない仕事をやってのけそうだ。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【GⅠ競輪祭】小倉競輪場で20日開幕!
注目選手のインタビュー、推奨レース予想を動画で配信!

2018年有力クラブ紹介「ひと口馬主のススメ」
ラインアップは「シルク・ホースクラブ」「サラブレッドクラブライオン」「キャロットクラブ」「友駿ホースクラブ愛馬会」「ローレルクラブ」「東京サラブレッドクラブ」

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

ファイナルDAY2は9月17日(月・祝)に開催し優勝者が決定します。

第2、第3の人生を追跡!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回は芦屋ボート「SGチャレンジカップ」「GⅡレディースチャレンジカップ」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2019サバイバルオーディション
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!