• 文字サイズ

東スポWebトップ > プロレス > プロレス > 邪道・大仁田がポーゴさん追悼セレモニーで涙

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

邪道・大仁田がポーゴさん追悼セレモニーで涙


追悼セレモニーで遺影を手に黙とうする大仁田(中央)

 6月23日に脳梗塞で死去した“極悪大魔王”ことミスター・ポーゴさん(本名・関川哲夫さん=享年66)の追悼興行が12日、WWS伊勢崎大会(群馬・伊勢崎市第二市民体育館)で行われた。

 追悼セレモニーにはポーゴさんのライバルで、10月31日に引退した邪道・大仁田厚(60)も訪れ「ポーゴさんがいなければ自分はいなかったと思います。若いヤツらが頑張っていますので、みんなで支えてやってください」とあいさつ。追悼の10カウントゴングの最中に涙ぐむ場面もあった。

 WWSは2000年にポーゴさんが旗揚げした団体で、今大会は当初、腰の手術からリハビリを続けていたポーゴさんの復帰戦として計画されていた。しかし、ポーゴさんが死去したため、今大会を最後に解散する予定だったが、代表を務めるラーメンマンは「大仁田さんも協力してくれたし、みんなも頑張ってくれた。ポーゴさんのいなくなったWWSは今日で終わり。これからは新しいWWSを作っていきます」と存続を決意。次回興行はポーゴさんの一周忌となる来年6月に開催する方針だ。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!