• 文字サイズ

東スポWebトップ > プロレス > プロレス > 【全日本】ドーリングがヨシタツ下しV1 再び海外3冠戦強行も

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【全日本】ドーリングがヨシタツ下しV1 再び海外3冠戦強行も


ジョー(左)のラリアートがヨシタツを襲う

 新時代を築く。全日本プロレスの3冠ヘビー級選手権(9日、後楽園ホール)は、王者のジョー・ドーリング(35)が挑戦者・ヨシタツ(40)との「元WWE対決」に完勝して初防衛に成功した。これで王者としての越年が決まった暴走外国人は、暮れの祭典「世界最強タッグ決定リーグ戦」(19日、札幌で開幕)制覇を誓うと、再び海外マットでの3冠戦強行開催をブチ上げた。

 勝利を告げる3カウントが鳴らされた瞬間、ドーリングは客席に向かって雄たけびを上げた。誇らしげにベルトを掲げると「日本にいる外国人で一番のレスラーだと証明できた。いつでもいい。誰でもかかってこい!」と豪語した。

 ヨシタツとはWWE傘下の「FCW」に同時期に所属し、対戦経験もあった。「すごくいいヤツだった。言葉(英語)がダメなヤツを嫌がるタイプと、優しく受け入れてくれるタイプの2パターンに別れるけど、彼は受け入れてくれる側だった」とヨシタツが証言するように、ドーリングにとっても今回の挑戦者は特別な相手だった。だからこそ、全力で潰しにかかった。

 挑戦者の攻撃を真正面で受けきるや、最後はフライングボディーアタックからレボリューションボムにつなげて勝利。まさに完勝といえる圧倒的な内容だった。さっそく今後については「俺と兄貴分の太陽ケアとは、オリジナルのオールジャパンだ。最強タッグで頂点に上り詰め、世界タッグのベルトを取る。5冠王として君臨する!」と堂々宣言。早くも暮れの祭典・世界最強タッグ戦優勝に照準を合わせた。

 それだけではない。来年の展望について問われると「よく聞いてくれた。フフフ…」と不敵な笑みを浮かべつつ「海外での防衛戦も視野に入れているんだ」と断言したのだ。

 初めて3冠王者に君臨した2014年10月18日には、カナダで元WWE戦士のライノ(42)を相手にV2戦を敢行。くしくも3冠史上初の海外開催となったものの、全日側には事後報告だったため、大波紋を呼んだ“前科”がある。

 現在も全日本のシリーズとは別に欧米各国で試合に出場しており、中東からもオファーが届いているという。再び他国で防衛戦を行う野望を抱いていても、何の不思議もない。

「病気(悪性脳腫瘍)から復活した俺の頑張る姿を、世界中で闘病している人に届けたいんだ」と最後は泣かせる言葉で正当性を主張したドーリング。新時代の外国人王者は、3冠王座を世界レベルまで引き上げる決意だ。 

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【向日町GIII平安賞】22日に京都向日町競輪場で開幕! new
注目選手のインタビュー、本紙記者の推奨レース予想を動画で配信!

【GⅡ共同通信社杯】平原康多が若手の挑戦を受け止め2回目のGⅡ優勝
注目選手のインタビュー、本紙記者の推奨レース予想を動画で配信中!

【GⅢレディース笹川杯】長嶋万記がイン逃げV
注目選手のインタビュー、講談師・ 旭堂南鷹の推奨レース予想を動画で配信中!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

元モーニング娘・加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

「日本財団パラリンピックサポートセンター」スペシャルサポーター・香取慎吾の特別インタビュー掲載(前・後編)

アンカツこと安藤勝己元騎手が今年も登場。ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手は2年連続“登板”!

ファイナルDAY2は9月17日(月・祝)に開催し優勝者が決定します。

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

浜名湖ボート・プレミアムGI「ヤングダービー」

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2019サバイバルオーディション
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!