• 文字サイズ

東スポWebトップ > プロレス > プロレス > 【新日本】「ワールドタッグリーグ」まさかの落選 内藤不満タラタラ“毒”演会

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【新日本】「ワールドタッグリーグ」まさかの落選 内藤不満タラタラ“毒”演会


羽田空港で不満を爆発させた内藤。後方には見覚えのある2人が…

 新日本プロレスの内藤哲也(35)が8日、「ワールドタッグリーグ(WTL)」(18日、後楽園ホールで開幕)に不満を大爆発させた。パートナーを探すためにメキシコへ渡るはずが、来年1月4日東京ドーム大会でIWGPヘビー級王者オカダ・カズチカ(30)に挑戦が決定済みという理由でまさかの落選。失意の出国となった内藤は、リーグ戦の問題点をバッサリ切り捨てた。

 内藤はこの日、英国遠征に出発。その後WTLのパートナーをメキシコで探すはずだった。だが団体はドーム決戦のカードが決定済みの選手は今年のWTL不参戦と発表し、内藤は無念の落選。計画は水の泡となり、CMLL参戦も追加決定したメキシコ行きの予定は今さら変更できない…。

 執拗な呼び出しで早朝7時の羽田空港に本紙を招集した内藤は、平然と30分遅刻し登場。「新日本には『内藤、X組』を楽しみにしてくれていたお客さま、ならびにWTLを盛り上げるためにと思ってメキシコのチケットを取ってしまった俺に謝ってほしい」とファミレス代わりに入った空港内のカフェで怒りを爆発させた。もはや八つ当たり以外の何ものでもない。

 さらにWTL期間中は公式戦より内藤とオカダの前哨戦のほうがメーンの回数が圧倒的に多い。「このシリーズ名はロード・トゥ・東京ドームですか? メンツ見てよ。内藤、オカダ、棚橋(弘至)、ケニー(オメガ)も出ないのにWTL? 別に優勝チームがドームでIWGPタッグ挑戦とは言ってないなら、出られない理由にならないよね」と不満はキリがない。

 内藤は昨年のWTL前、ドームのカード決定者でも優勝後のタッグ王座挑戦に支障のないシステム構築を提言した。その答えが“対象者の排除”なら、トップ選手を欠いたタッグ戦線のレベルは低下するだけだと主張する。「これじゃ本末転倒ですよ。どうしてもドームとの両立が難しいというなら、年が明けてからやってもいいんだし、無理にこの時期にやらなくてもいいんじゃない?」と、開催時期の再考も訴えた。

 出発時刻が迫った内藤は珍しく自分の財布を取り出したと思いきや「まあまあ今日くらいは…あ、やべ。いまポンドとペソしか持ってないんだった。いやー、参った参った…」と伝票を残してゲートへ一直線。限りなく黒に近いグレーながら、証拠不十分のまま機上の人となった。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【GI競輪祭】悲願の地元GI制覇目指す園田匠を“闘将”佐々木昭彦が直撃!
選手インタビュー、推奨レース予想など動画コンテンツを配信!

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!


おすすめコンテンツ
12・1予選開幕パチンコ・パチスロゲーム大会で「優勝賞金100万円を手に入れろ」

“初代チャンピオン”を目指そう!

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

優勝はgdjこと博報堂の後藤さん

セクシー女優がAV、病気のことなど赤裸々に半生を語り尽くす(全20回)

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はボートレース下関「SGチャレンジカップ」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!