• 文字サイズ

東スポWebトップ > プロレス > プロレス > 武藤敬司 父の通夜で「親孝行できたかな」

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

武藤敬司 父の通夜で「親孝行できたかな」


最愛の父について語った武藤

 プロレスラーでW—1会長・武藤敬司(54)の実父・武藤明光さん(享年85)の通夜が19日、山梨・富士吉田市のシティホール富士吉田でしめやかに営まれ、約300人の弔問客が故人をしのんだ。

 通夜にはW—1所属選手、菅林直樹新日本プロレス会長、西村修らが駆けつけた。さらには坂口征二新日プロ相談役、天龍源一郎、馳浩氏、藤波辰爾、アントニオ猪木参議院議員、太刀川恒夫東京スポーツ新聞社会長、酒井修社長から贈られた花輪が祭壇を彩った。告別式は同会場で20日に営まれる。

 明光さんは心臓疾患のため13日、入院先の病院で亡くなった。気丈に喪主を務めた武藤は「最愛の父親でした」と公言しており「本当に突然だった。医師から今後の治療について相談したいと言われて病院に行く準備をしていたんだけど、当日の朝になって様態が急変して『今、来てください』と連絡があったんだ。おかげで最期は看取ることができましたけどね…」と話した。

「親父は自分の職業(造園業)を俺に継いでほしかったんですよね。30歳になるまでそう言ってた。こっちはもうチャンピオンになって、海外でも活躍してるのに(笑い)。寂しかったんだろうね。でも俺の活躍を認めてくれたのか(30歳以降は職業の話を)しなくなった。その意味では親孝行できたかなと思っています」

 タイトル戦線こそ離れたが、レスリングマスターズなど常に新たな構想に着手し続けている武藤は「親父がいつまでも(天国で)俺を誇りに思ってくれるよう、これからもまい進いたします」と最愛の父の遺影の前で誓っていた。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

アスリート 美ューティー TALK
強さと美しさを兼ね備えた女性アスリートに迫る!


おすすめコンテンツ
12・1予選開幕パチンコ・パチスロゲーム大会で「優勝賞金100万円を手に入れろ」

“初代チャンピオン”を目指そう!

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

優勝はgdjこと博報堂の後藤さん

セクシー女優がAV、病気のことなど赤裸々に半生を語り尽くす(全20回)

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回は平和島ボート・SG「ダービー」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!