• 文字サイズ

東スポWebトップ > プロレス > プロレス > 大仁田が怒りの断 31日引退カード変更示唆

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大仁田が怒りの断 31日引退カード変更示唆


論外(左)をパイプイスで攻撃する大仁田

 邪道・大仁田厚(59)が12日、怒りの断を下した。引退試合(31日、東京・後楽園ホール)のカードを正式発表したにもかかわらず、対戦相手の野獣・藤田和之(46)サイドがイチャモンをつけてきたことに大激怒。そのため「藤田戦の白紙撤回」もしくは「1対3のハンディキャップマッチ」への変更という二者択一を迫った。いずれにしても既報の引退試合カードが変更されるという前代未聞の事態になった。

 邪道の怒りは尋常ではなかった。この日の超戦闘プロレスFMW上越大会前、会場に到着するなり「もういいかげんにしろ! 正式にカードが出てから、なぜああだこうだ言う!? 本当に最後なのにどうして快く送り出してくれないんだ!」と声を荒らげた。

 矛先は“悪魔仮面”ケンドー・カシン(49)に向けられた。9日の大仁田興行お台場大会では、カシンに呼ばれた藤田がリングイン。2人で大仁田を電流爆破バットで被弾させた。これを受けて翌10日に大仁田事務所は引退試合のカードを発表。大仁田、雷神矢口、保坂秀樹組VS藤田、カシン、NOSAWA論外組に正式決定した。

 ところが…だ。同日にカシンは藤田と音信不通になったとまたまた面倒なことを言いだし「みんな1対1だと思っただろ!? 詐欺じゃないか?」と悪態をついたのだ。これに対して大仁田は「31日は平日(火曜日)なのに全国のファンが休みを取って、チケットを買ってくれた。なのにここまできて藤田が出るのか出ないのか?ってなるとファンにも失礼だろ!」と正論をかざした。さらには「もういい! 藤田戦は白紙撤回で、もし本当にやる気があるなら1対3にする」と続けた。

 つまり藤田戦は白紙となるか、もしくは大仁田VS藤田、カシン、論外組という、野獣にとって屈辱の「1対3ハンディ戦」に変更となる。白紙になった場合の代替カードも早急に動く方針で「ターザン後藤に土下座してお願いしてもいい」と示唆した。

 試合ではうっぷんを晴らすように論外をパイプイスで殴り、最後は4発目のサンダーファイヤーパワーボムで勝利。「俺は本気じゃ!」と絶叫した大仁田。引退試合まで、まだまだ波乱は続きそうだ。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
2018年有力クラブ紹介「ひと口馬主のススメ」 new
ラインアップは「シルク・ホースクラブ」「サラブレッドクラブライオン」「キャロットクラブ」「友駿ホースクラブ愛馬会」「ローレルクラブ」「東京サラブレッドクラブ」

【SGオーシャンカップ】毒島誠が3回目のSG制覇!
コンマ13の好スタートを決めた毒島誠が、2コースから豪快なまくりで抜け出して優勝!

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「日本財団パラリンピックサポートセンター」スペシャルサポーター・香取慎吾の特別インタビュー掲載(前・後編)

アンカツこと安藤勝己元騎手が今年も登場。ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手は2年連続“登板”!

強さと美しさを兼ね備えた女性アスリートに迫る!

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はボートレース若松SG「第23回オーシャンカップ」

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!