• 文字サイズ

東スポWebトップ > プロレス > プロレス > 【ノア・グローバルL】初参戦の長井が会見で丸藤、マイバッハを挑発「ビッシビシいかせてもらう」

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【ノア・グローバルL】初参戦の長井が会見で丸藤、マイバッハを挑発「ビッシビシいかせてもらう」


丸藤(左から2人目)を挑発する長井(右から2人目)

 ノアは12日、都内で「グローバル・リーグ戦2017」(14日、後楽園ホールで開幕)の会見を行い、出場選手が意気込みを語った。

 会見を事実上“乗っ取った”のは同リーグ戦に初出場するドラディションの長井満也(48)だった。出場するノア所属選手たちが冷静に意気込みを語る中、Aブロックでエントリーされている長井は「このリーグ戦もこのオレ様が、ビッシビシいかせてもらうからな!」と宣戦布告。さらに同じブロックのマイバッハ谷口(40)に対して「てっきり開幕戦で当たると思ってたのに。この野郎、逃げたんじゃねーだろうな!!」と不満を口にしながら歩み寄って挑発し、あわやの乱闘騒ぎを引き起こした。

 その後も質疑応答を拒否するなどやりたい放題に対し、Aブロックでエントリーされている丸藤正道(38)が「ぜひともタコ坊主から(対戦したいとの)言葉を聞きたかった」などと見た目をいじりながら挑発だ。これに長井は「おい丸藤。オレのこと見て“タコ坊主”とか“ヒゲ”とか”オヤジ”とかな、小学生のガキでも言えるんだよ!」とヒートアップ。「せっかくノアまで遊びに来てんだよ。このオレが“こいつうめーこと言うな”って思うくらいの言葉用意しとけよ、おら!」と叫ぶと、それでも「タコ坊主」と連呼する丸藤にキレてイスを蹴飛ばし、フォトセッションを待たずして会場を後にした。

 初参戦の長井が加わり、新たな遺恨がどんどん生まれるノアのグローバル・リーグ戦。総勢16人が参加し11月19日の後楽園ホール大会の優勝決定戦まで約1か月に及ぶ長丁場の戦いになるが、最後に笑うのは一体誰になるか。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
2018年有力クラブ紹介「ひと口馬主のススメ」 new
ラインアップは「シルク・ホースクラブ」「サラブレッドクラブライオン」「キャロットクラブ」「友駿ホースクラブ愛馬会」「ローレルクラブ」「東京サラブレッドクラブ」

【SGオーシャンカップ】毒島誠が3回目のSG制覇!
コンマ13の好スタートを決めた毒島誠が、2コースから豪快なまくりで抜け出して優勝!

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「日本財団パラリンピックサポートセンター」スペシャルサポーター・香取慎吾の特別インタビュー掲載(前・後編)

アンカツこと安藤勝己元騎手が今年も登場。ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手は2年連続“登板”!

強さと美しさを兼ね備えた女性アスリートに迫る!

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はボートレース若松SG「第23回オーシャンカップ」

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!