• 文字サイズ

東スポWebトップ > プロレス > プロレス > 11・3「電流爆破フェスティバル」カルッツかわさき開催決定!“引退”大仁田に参戦オファー

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

11・3「電流爆破フェスティバル」カルッツかわさき開催決定!“引退”大仁田に参戦オファー


左からTARU、田中将斗、工藤めぐみエクスプロージョンプリンセス、長与千種

 超花火プロレスは26日、都内で会見し、本紙既報通り、11月3日に「電流爆破フェスティバル 2017 in KAWASAKI 川崎伝説」(神奈川・カルッツかわさき)を開催すると正式発表した。

 工藤めぐみエクスプロージョンプリンセス(EP=48)は「10月31日に大仁田厚選手は引退試合を行いますが、最初、川崎の電流爆破で幕を閉じたいとおっしゃっていました。大仁田さんの還暦電流爆破を見届けたいというところから超花火はスタートしましたし、最後に大仁田厚が散る場所は電流爆破だと思っています。数々の伝説を作った川崎で、電流爆破で散ってほしいと思いこの場を設けました」とビッグマッチ開催に至った経緯を説明した。

 カルッツかわさきは、女子プロレスで数々の伝説を生んだ旧川崎市体育館がリニューアルされた施設で、道路を隔てて川崎球場跡地に隣接する。ただし、大仁田は10月31日の大仁田興行・後楽園ホール大会で引退試合を行うことを発表しており、野獣・藤田和之(46)との対戦を強行発表している。

 工藤EPは早急に“最後の”相手にふさわしい選手を選び、大仁田サイドに参戦オファーを出す予定だ。会見には爆破王の田中将斗(44)と初代爆女王の長与千種(52)も出席。同大会ではタイトル戦が予定され、仮に大仁田が出場すれば3試合の電流爆破戦が行われることになる。

 長与は「川崎は過去、クラッシュギャルズが最初にドーンと花火を上げた場所。その時からクラッシュギャルズとして進んだ。爆女王という歴史と伝説を作っていくには、いい打ち上げの場だと思う」と話した。

 また田中は「川崎はボクが生まれ育ったFMWと切っても切れない場所。初めて(世界ブラスナックル)ベルトを取ったのが川崎球場。すごく思い入れがある」と川崎決戦を心待ちにした。

「新たな爆破伝説のスタートにしたいと思います」という工藤EPの言葉通り、注目の大会になりそうだ。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
松阪競輪GⅢ「蒲生氏郷杯王座競輪」(25日開幕)
注目選手のインタビューを公開!

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!


おすすめコンテンツ
ヒロインズカップ(21日、帯広競馬場)

【2018年5月12日(土)開催!参加者募集】中京スポーツ50周年記念として中京競馬場のバックヤードを開放したマラソン大会を開催します。

グランプリは嶋村瞳、奥川チカリ、中野聖子の3人

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

第2、第3の人生を追跡!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!