• 文字サイズ

東スポWebトップ > プロレス > プロレス > 【新日本】ルーキー・岡が母校・花咲徳栄の甲子園Vに闘志燃やす

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【新日本】ルーキー・岡が母校・花咲徳栄の甲子園Vに闘志燃やす


岡倫之

 新日本プロレスの大型新人・岡倫之(26)が23日、埼玉県勢としては初めて夏の甲子園優勝を決めた母校の花咲徳栄高校に刺激を受け、さらなる飛躍を誓った。

 後輩たちの快挙達成に「歴史的瞬間でしたね。同じスポーツ科で切磋琢磨してきた野球部の後輩が優勝して刺激になりました」と喜びを爆発させた。自身も高校時代は国体でレスリング個人優勝を果たすなど、同校は格闘技の強豪としても知られ、ボクシングの前WBA世界スーパーフェザー級スーパー王者・内山高志氏(37)も出している。

 岡は「式典の時に有名OBが呼ばれるので、僕の時も内山さんがいらっしゃっていた。僕はまだ呼ばれたことがないので『新日本の岡』の名前をもっと高めたい」と、闘志を燃やした。

 その第一歩として狙うのがデビュー1年目での東京スポーツ新聞社制定プロレス大賞新人賞獲得だ。新日プロ勢は2003年に受賞した現WWEの中邑真輔を最後に同賞から遠ざかっている。

「まだ成績がともなっていないですから。そのためにもライオンズゲートのメーンで自力で勝ちたいですし(年末の)ワールドタッグリーグには北村(克哉=31)との『モンスターレイジ』で出たい。ヤングライオン杯(注・永田裕志が復活を提言中)があれば最高の舞台だと思いますし」と目を輝かせた岡。期待の若獅子の本領発揮はこれからだ。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【GⅠオールスター競輪】脇本雄太 悲願のGⅠ初優勝!
脇本雄太が14回目のGⅠ決勝で悲願の初タイトルを手にした!

【連載コラム】小島よしおの履歴書
「そんなの関係ねぇ!」で一世を風靡した小島よしおが「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白する!(全15回)

2018年有力クラブ紹介「ひと口馬主のススメ」
ラインアップは「シルク・ホースクラブ」「サラブレッドクラブライオン」「キャロットクラブ」「友駿ホースクラブ愛馬会」「ローレルクラブ」「東京サラブレッドクラブ」


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

元モーニング娘・加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

「日本財団パラリンピックサポートセンター」スペシャルサポーター・香取慎吾の特別インタビュー掲載(前・後編)

アンカツこと安藤勝己元騎手が今年も登場。ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手は2年連続“登板”!

ファイナルDAY2は9月17日(月・祝)に開催し優勝者が決定します。

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はまるがめボートSG「メモリアル」

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2019サバイバルオーディション
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!