• 文字サイズ

東スポWebトップ > プロレス > プロレス > 【ゼロワン】大谷 大仁田に“餞別”のベルト贈る

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【ゼロワン】大谷 大仁田に“餞別”のベルト贈る


ブードゥーマスク(左)に顔面ウオッシュを見舞う大谷

 ゼロワン炎の戦士・大谷晋二郎(45)が17日、引退する邪道・大仁田厚(59)に“餞別”のベルトを贈ることを誓った。

 19日の超花火プロレス岐阜・多治見大会で2人は爆破王タッグ王者の田中将斗(44)、TARU(52)組に挑戦する。これまで数試合の電流爆破マッチ出場経験はあるものの、大谷が爆破タイトル戦に出場するのは初となる。

 異例の出陣について大谷は「ボクには分かるんです。引退が迫った大仁田さんが最後にあのベルトを巻いて引退したいと思っているなって。今の王者組からベルトを奪えるのは大仁田、大谷組しかいないでしょ!?」と説明した。

 ゼロワンと大仁田は2012年8月から5年間、協力関係を築いてきた。大谷は感謝の念を抱いており、10月いっぱいでリングを去る邪道に最後の恩返しをしたい気持ちが強いという。

 この日の新木場大会ではタッグ戦でTARUと前哨対戦すると、鉄パイプで右足を痛打され、相手セコンドにパウダー攻撃まで食らってしまった。それでも執念で自軍を勝利に導いた。

「また復帰するとか言われるけど、あの大仁田厚が『今度こそ最後』と言ったのを何度も聞いた。ボクはその言葉を信じているからこそ、ベルトを取りたい」と強調した大谷。爆破タイトルへ一直線だ。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【GII共同通信社杯】諸橋愛が執念のGⅡ初優勝!
イバラの道を歩み続けた真のファイターが大きな勲章を手にした。

【ボートレース蒲郡】プレミアムGI「ヤングダービー」
注目選手を直撃!岩瀬裕亮&今井美亜のスペシャル対談を動画で配信中。

第2回東スポカップ ポーカー大会
東日本最大規模のポーカー大会「第2回東スポカップ ポーカー大会」決勝DAY2を10月22日(日)に開催します!


おすすめコンテンツ
ジュニアクラウン(28日=笠松競馬場)

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

強さと美しさを兼ね備えた女性アスリートに迫る!

本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

セクシー女優がAV、病気のことなど赤裸々に半生を語り尽くす(全20回)

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

マイクをペンに持ち替えて、女子アナたちの不仲疑惑、未成年アイドルとの飲酒騒動などを大放出!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回は若松ボート・SG「メモリアル」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!