• 文字サイズ

東スポWebトップ > プロレス > プロレス > 【ノア】中嶋勝彦GHC王座V7!「挑戦者指名権」を要求

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【ノア】中嶋勝彦GHC王座V7!「挑戦者指名権」を要求


打撃でケイジ(右)を圧倒した中嶋

 ノア27日の後楽園ホール大会でブライアン・ケイジ(33)を下し7度目の防衛に成功したGHCヘビー級王者の中嶋勝彦(29)が「挑戦者指名権」を要求した。

 

 挑戦者の規格外パワーに苦しんだ中嶋だが、打撃戦でローリングエルボーなど故三沢光晴さん(享年46)の必殺技を繰り出して流れをつかむと、最後はバーティカルスパイクで逆転の3カウントを奪った。

 

 これでV7。三沢さんが3度目にGHC王者となった2006年12月から重ねた防衛回数に並んだ(最多記録は杉浦貴のV14)。いつもは記録や数字にこだわらない中嶋にとっても今回ばかりは特別だったようで「ノアを引っ張るのは俺しかいない。そういう意味では光栄だし、思うところがある。三沢さんの数字に並んでそして抜くことで、俺にも変化が生まれるかもしれない」と感無量の表情で話した。

 

 その“変化”は早くも試合直後に表れた。エディ・エドワーズ(33)の挑戦表明は受け入れたものの「上がってきたのはアイツだけか…」と冷酷な表情でバッサリ。これまではどんな挑戦者も受け入れてきた「優等生王者」としては異例の発言だ。さらには「そろそろ言っていいでしょう。次期挑戦者を指名する権利が欲しい。それだって王者の権利の一つでしょ?」とふてぶてしく言い放った。

 

 目標でもある団体創設者の防衛記録に並んだことで、野獣のような貪欲さも見せ始めた中嶋。若き王者はあくまで「強さ」を求めて、戦い続ける覚悟だ。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【連載】ジャニーズ帝国に吹き荒れる嵐の深層
国民的アイドルグループ「嵐」はなぜ約2年先の休止を発表したのか?

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、展開予想、本紙の見解を掲載!

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

65歳までの経験者希望。仕事内容は紙面の校閲作業全般。やる気のある方、上記をクリック!

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!