• 文字サイズ

東スポWebトップ > プロレス > プロレス > 【新日本】G1参戦の飯伏が胸中明かす

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【新日本】G1参戦の飯伏が胸中明かす


場内のビジョンに飯伏の名前が出た瞬間、大歓声が爆発した

 新日本プロレス真夏の祭典「G1クライマックス」(7月17日、札幌で開幕)に“ゴールデンスター”飯伏幸太(35)が参戦することが20日に発表された。2016年2月に退団してから初の古巣復帰をプロレス界最大のリーグ戦で果たす。本紙の直撃に応えた飯伏は2年ぶり3度目の出場となるG1への意気込み、さらには内藤哲也(34)やケニー・オメガ(33)らライバルへの熱い思いを明かした。

 

 この日の後楽園大会で発表された出場選手紹介VTRの最後に飯伏の名前がアナウンスされると、会場は大歓声に包まれた。昨年2月に当時ダブル所属していた新日本とDDTを退団してフリーに転向。その後は米WWEのクルーザー級トーナメント(CWC)に参戦するなど活躍の場を広げていた。

 

 今夏はRIZIN(7月30日、さいたまスーパーアリーナ)からも来場のラブコールを受けていたが、プロレス界最大のリーグ戦で戦うことを選んだ。待望のG1出場に向けて本紙の直撃に応じた飯伏は「もちろん中途半端な気持ちでは出られない。ビックリというか喜んでもらえる状況をつくりたいというのは常にあった。突然退団してしまって迷惑をかけてしまったというのも、返したいと思っていました」と参戦決断に至った経緯を告白した。

 

 退団から約1年半の間で、新日プロの勢力図はガラリと変わった。だが飯伏は「今の自分が(トップ争いに)入れるのかというのもあるけど、ただ休んでいたわけじゃない。CWCだったり、NXTだったり英国で試合をしたり…。新日本の選手ができない、違う方向の経験をしてきたので自分を試したい」と目を輝かせながら腕をぶした。

 

 ブロック分けは26日後楽園大会で発表されるが、同年代の内藤との同ブロック入りを熱望。「内藤さんとはあんなに仲が良かった(注・そう思っているのは本人だけの可能性が高い)のに、1年半で激変した。はるか上に行ってしまったようにも見えるけど、まだやってないし(結果は)分からないので」と早期対決を期待する。一方でDDT時代からの盟友でライバル関係にもあるケニーには「9試合あるリーグ戦の1つではやりたくないというか…やるなら(決勝戦などの)特別なシチュエーションでやりたいですね」と複雑な胸中を明かした。

 

 主力選手の長期離脱が相次ぐ新日プロにおいて、飯伏にかかる期待は大きい。ゴールデンスターが真夏の祭典を熱くしそうだ。

 

 ☆G1出場選手は以下の通り。棚橋弘至、真壁刀義、永田裕志、小島聡、マイケル・エルガン、ジュース・ロビンソン、オカダ・カズチカ、後藤洋央紀、矢野通、石井智宏、YOSHI―HASHI、内藤哲也、EVIL、SANADA、ケニー・オメガ、バッドラック・ファレ、タマ・トンガ、鈴木みのる、ザック・セイバーjr.、飯伏幸太。A、Bの2ブロック制で総当たりリーグ戦を行い、各ブロックの1位同士が優勝決定戦(8月13日、両国国技館)に進出する。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
2018年有力クラブ紹介「ひと口馬主のススメ」
ラインアップは「シルク・ホースクラブ」「サラブレッドクラブライオン」「キャロットクラブ」「友駿ホースクラブ愛馬会」「ローレルクラブ」「東京サラブレッドクラブ」

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)


おすすめコンテンツ
出走メンバー、展開予想、本紙の見解を掲載!

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

ファイナルDAY2は9月17日(月・祝)に開催し優勝者が決定します。

第2、第3の人生を追跡!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

蒲郡ボート・SG「第65回ダービー」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2019サバイバルオーディション
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!