• 文字サイズ

東スポWebトップ > プロレス > プロレス > 【新日本】「スーパージュニア」開幕 高橋ヒロムがまさかの黒星発進

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【新日本】「スーパージュニア」開幕 高橋ヒロムがまさかの黒星発進


リー(左)にエプロンから場外へのパワーボムを浴びたヒロム

 新日本プロレス「ベスト・オブ・ザ・スーパージュニア」が17日、後楽園ホールで開幕し、IWGPジュニアヘビー級王者の高橋ヒロム(27)はAブロック公式戦でドラゴン・リー(22)に敗れてまさかの黒星発進となった。またBブロックでも前王者のKUSHIDA(34)がエル・デスペラード(年齢非公表)に不覚。ジュニアの祭典は波乱の幕開けとなった。

 

 序盤から場外への飛びつきフランケンシュタイナーなどリスク度外視の大技を繰り出すリーに対し、ヒロムはセカンドロープから飛びついてのカナディアンデストロイヤーを発射して反撃。だが必殺のTIME BOMB(変型シュバイン)を阻まれると、逆に体をコーナーマットに投げつけられてしまう。最後はドラゴンドライバー(飯伏幸太のフェニックスプレックスホールドと同型)でマットに叩きつけられて、まさかの黒星を喫し無言で会場を後にした。

 

 今年の1・4東京ドーム大会でジュニア王座初挑戦初戴冠を果たしてV4中のヒロムは、今大会の優勝候補最右翼。全勝優勝からIWGPヘビー級王座挑戦の野望も掲げていた。くしくも6月11日大阪城ホール大会の次のIWGP戦は、現地時間7月1、2日の米国ビッグマッチ(ロサンゼルス)での開催が決定したばかり。ヒロムはこの日の試合前も「自分は生涯ジュニアですけど、常にジュニアの地位向上を考えてます。俺がジュニア王者のまま、アメリカでヘビー級に挑戦したら大爆発させることができる。相手はオカダ・カズチカでもケニー・オメガでもどちらでもいい」と語っていた。

 

 だが開幕戦で海外遠征時代のライバルにいきなりの敗戦。海外での壮大な青写真にばかり気を取られ、目の前のリーグ戦で油断してしまっていたのか…。凱旋帰国後、連勝街道を突き進んできたヒロムが、甘くはない現実を突きつけられた。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!