• 文字サイズ

東スポWebトップ > プロレス > プロレス > 【新日本】内藤不覚!インターコンチ戦で名誉回復へ

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【新日本】内藤不覚!インターコンチ戦で名誉回復へ


内藤(手前)はジュースにまさかの3カウントを奪われた

 新日本プロレス9日の両国国技館大会で行われたIWGPインターコンチネンタル王者の内藤哲也(34)は、8人タッグ戦で伏兵のジュース・ロビンソン(28)にまさかの不覚を喫した。

 

 王者としては今シリーズ、唯一防衛戦が組まれていない内藤は、自ら次期挑戦者候補にタイガーマスクWの名前を挙げて団体をけん制していた。ところが最終戦で落とし穴が待っていた。ジュースと一騎打ち状態になった内藤だったが、金的攻撃を阻止されると強烈なラリアートで1回転。最後はパルプフリクション(キルスイッチ)で頭からマットに突き刺され、屈辱の3カウントを奪われてしまった。

 

 試合後もリング上で悶絶する内藤は、ジュースに「お前の持っているIWGPインターコンチネンタルに挑戦する」と表明された。Wとのドリームマッチよりも名誉回復が急務となったことで、V4戦でジュースとの激突が濃厚となった。内藤は「ドロール(注・スペイン語で痛いの意)…ドロールだぜ、カブロン(注・バカ野郎)」と言い残し控室へ。団体からぞんざいな扱いを受け続けた上、醜態をさらしたことで不機嫌モードに突入することは確実。あと数日間は関わらないほうがよさそうだ。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【GⅠ競輪祭】小倉競輪場で20日開幕!
注目選手のインタビュー、推奨レース予想を動画で配信!

2018年有力クラブ紹介「ひと口馬主のススメ」
ラインアップは「シルク・ホースクラブ」「サラブレッドクラブライオン」「キャロットクラブ」「友駿ホースクラブ愛馬会」「ローレルクラブ」「東京サラブレッドクラブ」

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

ファイナルDAY2は9月17日(月・祝)に開催し優勝者が決定します。

第2、第3の人生を追跡!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回は芦屋ボート「SGチャレンジカップ」「GⅡレディースチャレンジカップ」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2019サバイバルオーディション
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!