• 文字サイズ

東スポWebトップ > プロレス > プロレス > 【大日本】ストロング王座奪取 鈴木秀樹が次期挑戦者を面接?

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【大日本】ストロング王座奪取 鈴木秀樹が次期挑戦者を面接?


鈴木(下)はドラゴンスープレックスで関本を投げ捨てた

 大日本プロレス30日の後楽園ホール大会で行われたBJW認定世界ストロングヘビー級選手権は、挑戦者の鈴木秀樹(37)が王者の関本大介(36)を撃破して王座奪取に成功した。

 

 30分時間切れ引き分けに終わった前回(5日、後楽園)のタイトル戦からわずか25日後に行われたリマッチは、鈴木が有利に試合を進めた。関本が自慢の怪力で攻め込むと、鈴木は関節技や丸め込みでこれを封じる。最後は必殺の人間風車で3カウントを奪った。

 

 試合後は「うれしいですよ」と笑顔を見せたものの、4月8日の札幌ススキノ・マルスジム大会で行われる次期挑戦者決定戦については「それは見させてもらいますけど、挑戦者を決めるのは僕です」と不穏な言葉を口にした。

 

 その真意について鈴木は「私はフリーなのでルールに従うつもりはありません。順番とか、年齢とか、実績とかそういうものは関係ない。挑戦者決定戦は見させてもらうけど、それ相応の理由や資格のある選手に挑戦してきてもらう」と説明した。さらには「それより『次期挑戦者決定面接』をするのもいい。履歴書持参で来てほしい」とまたもや面倒なことを言いだした。どこかの旅行会社を意識したのか「内定を出しても取り消すかもしれません」など言いたい放題だ。

 

 一番やっかいな外敵にベルトを流出させてしまった大日本。

 

 至宝の未来が見えなくなってしまった。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【GⅠ競輪祭】小倉競輪場で20日開幕!
注目選手のインタビュー、推奨レース予想を動画で配信!

2018年有力クラブ紹介「ひと口馬主のススメ」
ラインアップは「シルク・ホースクラブ」「サラブレッドクラブライオン」「キャロットクラブ」「友駿ホースクラブ愛馬会」「ローレルクラブ」「東京サラブレッドクラブ」

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

ファイナルDAY2は9月17日(月・祝)に開催し優勝者が決定します。

第2、第3の人生を追跡!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回は芦屋ボート「SGチャレンジカップ」「GⅡレディースチャレンジカップ」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2019サバイバルオーディション
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!