• 文字サイズ

東スポWebトップ > プロレス > プロレス > 【パンクラス】来年2月から新木場「スタジオコースト」をホーム会場に

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【パンクラス】来年2月から新木場「スタジオコースト」をホーム会場に


東京・新木場の「スタジオコースト」

“世界標準”を掲げて躍進する総合格闘技団体「パンクラス」が5日、ホーム会場を東京・新木場の「スタジオコースト」に移すことを発表した。

 現在、ホームにしている「ディファ有明」は、2018年6月末で営業を終了する。故三沢光晴さん(享年46)が創設した「プロレスリング・ノア」が16年半、本拠地とし“格闘技の聖地”とされてきたが、2020年東京五輪で周辺の開発が進む中、閉鎖が決まった。

 パンクラスは年内の12月10日までディファ有明を使用し、2018年2月4日からスタジオコーストで年間9大会を行う。酒井正和代表(50)が1年間かけて交渉し、ディファ有明閉鎖発表の1週間前に提携にこぎつけた。

 キーワードは格闘技の“フェス化”“レジャーランド化”だ。日本一の規模を誇るプロ野球界では、昨年セリーグを制した広島カープが2009年、メジャーのボールパークにならったマツダスタジアムを開業。多彩な飲食が楽しめる上、バーベキューや寝そべっての観戦ができる席を設け、野球になじみのなかった女性ファン“カープ女子”を獲得して、観客動員数を大幅に伸ばした。

 パンクラスは国内屈指のライブ空間であるスタジオコーストのスケールを生かし、巨大なフードエリアを設けるほか、夏場はプールおよびプールサイドのカフェを開放。水着での観戦も可能にする。サブエリアではアーティストとコラボしてライブを行うなど、思い切り敷居を下げて、これまで格闘技になじみのなかったオシャレに敏感な客層の獲得を狙う。

 だからといって、格闘技ファンをおろそかにはしない。メーンフロアは関係者・スポンサー席を撤廃し、スタンディング中心のレイアウトを行う。選手との距離を縮め、選手の息づかいまで感じてほしいとの思いからだ。

 サブフロアでは選手との交流企画や、格闘技の疑似体験ブースを設け、ファンがより深く格闘技を楽しめるようにする。エリアを自由に行き来し、1か所でさまざまな体験ができるという。新木場には1stRINGがあり、もとより格闘ファンにはなじみのある場所。はたして、新たな“格闘技の聖地”になれるのか。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!