• 文字サイズ

東スポWebトップ > プロレス > プロレス > 【新日本】オカダ みのるに“屈辱返し”だ

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【新日本】オカダ みのるに“屈辱返し”だ


みのるに打点の高いドロップキックを放つオカダ

 新日本プロレス5日の北海道・北海きたえーる大会で鈴木みのる(48)とのV3戦に臨むIWGPヘビー級王者オカダ・カズチカ(29)が1日、10年前の報復を誓った。挑戦者を「嫌い」と公言する根底には“世界一性格の悪い男”とのファーストコンタクトの苦い記憶がある。当時の屈辱を、今度は真逆の立場で味わわせるつもりだ。

 

 性悪男との王座戦決定当初から、オカダは「いつまでたっても鈴木みのるというレスラーは嫌い」と公言してきた。両者の因縁は深く、その始まりは、実にオカダが新日プロに入門する前の闘龍門メキシコ時代にまでさかのぼる。

 

 当時、まだ19歳だった「岡田かずちか」は、2007年5月13日にウルティモ・ドラゴン主催興行「ドラゴマニア」の8人タッグ戦でみのると初対決。前年に東京スポーツ新聞社制定プロレス大賞MVPを獲得して業界トップに君臨していたみのるに、格の差を見せつけられた。オカダは「さんざんボコボコにやられましたから。ケチョンケチョンでした」と、若かりし日の屈辱を振り返る。この記憶がみのるへの憎悪につながっていることは想像に難くない。

 

 その後のシングル戦では2勝1敗と勝ち越しているものの、まさかあれから10年後にIWGPをかけて戦うことになるとは…。オカダは「だからこそ(みのるは)元気だなと思いますけどね。まあ僕も業界トップの自負はありますし。今の鈴木軍の勢いは認めますけど、シングルマッチとなれば僕が10年前に鈴木さんにボコボコにされたように、今度は僕が鈴木さんをボコボコにしてやろうかなと思います」と、かつての仕打ちをそっくりそのままお返しすることを予告した。

 

 1月4日の東京ドーム大会で繰り広げたケニー・オメガ(33)との壮絶死闘は海外でも高い評価を得た。だが今回オカダが狙うのは、今や3度のMVPを獲得した自分とみのるが、10年前とは立場が完全逆転した事実を見せつけることだ。「ドームのようなハイレベルな攻防は期待しないでもらいたいですね。残念ながらそれが現実なんです」と、一方的に相手を叩きつぶす“性悪化”も辞さない覚悟を明かした。

 

 この日の青森・弘前大会では8人タッグ戦で鈴木軍と対戦。勝利は逃したものの、みのるにドロップキックを決めるなど軽快な動きを見せて決戦へ弾みをつけた。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【GⅠ競輪祭】小倉競輪場で20日開幕!
注目選手のインタビュー、推奨レース予想を動画で配信!

2018年有力クラブ紹介「ひと口馬主のススメ」
ラインアップは「シルク・ホースクラブ」「サラブレッドクラブライオン」「キャロットクラブ」「友駿ホースクラブ愛馬会」「ローレルクラブ」「東京サラブレッドクラブ」

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

ファイナルDAY2は9月17日(月・祝)に開催し優勝者が決定します。

第2、第3の人生を追跡!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回は芦屋ボート「SGチャレンジカップ」「GⅡレディースチャレンジカップ」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2019サバイバルオーディション
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!